2009/10/31 日記 敗荷 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2009/10/31 日記 敗荷
2009-10-31 (Sat)  23:57

2009/10/31 日記 敗荷

2009/10/31(土) 旧暦:9月14日 ハロウィン 日出:6時01分 日没:16時47分 月出:15時00分 月没:3時07分 月齢:12.89己酉(きゆう,つちのととり) 六曜:仏滅 九星:三碧木星 選日:一粒万倍日


今日の季語: 敗荷(はいか、やぶれはす、やぶればす)
 (晩秋秋風の吹く頃、葉が破れ傷つき枯れ、茎も折れて無残な姿となった蓮)


 



(思いついた時に より転載)


夏前には天国のような高貴な花を咲かせていた蓮も、秋風に葉を翻したあと、日に日に枯れ、風雨に打たれ破れてゆく。
 冬は蓮にとっては一つの終わりの季節である。



敗荷の俳句:


 ・さればこそ賢者は富まず敗荷 蕪村
 
 ・敗荷や雨は静かに降りつづく 淡嵩


 ・敗荷の池に沈むに間ありけり 橋田憲明


 ・敗荷のもうこれ以上咎負へず 小山祐司


 ・敗荷を見飽かぬ人の横に居る 池田澄子



地球が太陽の周りを一周する間に蓮は美しい花を咲かせる。
花を一度でも咲かせることが出来れば、それで充分と言わなければならない。
「見飽かぬ人の横に居」てくれる人がいる人は幸せな人だ。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可