2012/10/30  沖縄旅行6日目(その2) いちぎん食堂 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (15)沖縄 › 沖縄お店 › 2012/10/30  沖縄旅行6日目(その2) いちぎん食堂
2012-10-30 (Tue)  23:38

2012/10/30  沖縄旅行6日目(その2) いちぎん食堂


昨夜のハイウエイ食堂の印象が、期待したものとは違ったので、系列店であるいちぎん食堂に出かけた。

clip_image002
58号線より何本が久茂地川よりに入ったところにいちぎん食堂はある。

まだ、朝なのでタクシーは停まっていないが、タクシー運転手御用達の店で、地元の人には無くてはならない店だ。

この食堂については、1年前の記事に書いた。
2011/10/10 沖縄旅行4日目(その5)スーパー沖縄食堂 いちぎん食堂」
http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/7dc205a5a68875cac9ec41ff95feff46


お客は、早朝のお客が出た後の時間帯なので3名ほどしか居なかった。
clip_image004
中に入ると、典型的な食堂スタイルで、右側の小上がりがある。
この小上がりがあるから、運転手や労働者は食事の後ゆったりと休むことができる。
小上がりがなければ食堂とは呼べない必須の条件なのだ。

clip_image006
左側は、広いテーブル席。
間仕切りがあり、少人数から大人数まで利用が可能だ。
団体で行く場合は、行列することもなく使い勝手が良い。
駐車場がないのが、欠点だが大型でなければ、地元の人は店横に停めている。

clip_image008
食堂らしく、赤のメニュー札が貼られている。

clip_image010
メニューは、豊富でなんでもあるといっても良いほどだ。

【メニュー】
テーブルの上には、ファイル形式のメニューがあるので、赤札を見回さなくとも良い。

clip_image011
定食は630円から880円まで。エビフライ定食でも880円だ。

clip_image012
チャンプルーも各種在る。フーチャンプルーはワンコインでお釣りの来る価格だ。

clip_image013
うな重680円とあるが、どんななのだろう?
機会があれば試してみよう。

clip_image014
軽目のメニューが並んでいる。
朝食にはこのページだ。
ゆし豆腐は御飯と玉子焼きがついて380円。
飲んだ翌朝には、胃にも財布にも優しい。

お腹もあまり空いていないので、今日は食べたことがない沖縄の味噌汁を注文。
本土の感覚では、御飯に味噌汁が付くのだが、沖縄は味噌汁にご飯が付くのが面白い。
メニューにご飯付きと書いてあるのは、観光客に親切だ。

clip_image015
重めのメニューのページ。
沖縄のランチも当然在る。

clip_image016
本土風のメニューもある。
沖縄食がダメな人も、このページなら何か見つかるはずだ。

clip_image017
飲み物も幅広く揃っている。

clip_image018

clip_image019
ハイウエイ食堂より泡盛の種類が多い。

注文した味噌汁が運ばれてきた。
clip_image021
見ると、味噌汁にご飯が付くのが理解できる。

clip_image023
薄い合わせ味噌の味噌汁。
具沢山で、島豆腐・野菜がたっぷりの健康食。
470
円は高くはないが、チャンプルー類も470円なので、相対的には割高なのかもしれない。
朝ならゆし豆腐、昼ならチャンプルーの方が良いかもしれない。


いちぎん食堂の印象が良かったので、昨夜はハイウエイ食堂に行ってみたのだが期待は外れた。
昨年のこの店の煮付けと昨夜の煮付けと比べると、外見は大きな違いはないが、内容は全く違っている。
明らかにこの店がおすすめだ。


【データ】
いちぎん食堂
住所 沖縄県那覇市久茂地2-12-3  TEL 098-868-1558
交通手段:見栄橋駅、県庁前駅から徒歩10分程度。

営業時間: 24時間営業
朝食営業、ランチ営業
、夜10時以降入店可
定休日: 無休、日曜営業
個室:
駐車場:





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可