2012/10/30  沖縄旅行6日目(その1) - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (15)沖縄 › 沖縄旅行記 › 2012/10/30  沖縄旅行6日目(その1)
2012-10-30 (Tue)  23:50

2012/10/30  沖縄旅行6日目(その1)


今日の予定は、南部の酒造所巡りと買い物。

7:30
、朝食に出かける。
昨夜、思ったより良くなかったハイウエイ食堂の姉妹店いちぎん食堂に行く。

clip_image002
7:3058号線松山交差点の陸橋より浦添方面を望む。

clip_image004
7:3058号線松山交差点の陸橋より空港方面を望む。

24
時間営業のいちぎん食堂。
clip_image006
人気の食堂だが流石に、お客は少ない

今まであまり頼まなかったものを選択で、味噌汁を注文。
よく言われることだが、味噌汁にご飯を頼む必要はない。
味噌汁にご飯はついている。
具沢山の味噌汁は丼に入って出てくる。
沖縄の朝食はよくできている。
前夜の泡盛が過ぎた場合は、ゆし豆腐や味噌汁がお腹に優しい。

ホテルに帰って、調べ物をしてから、午前中の酒造所訪問先の宮里酒造所に向かう。
泡盛の世界で、人気銘柄の春雨の酒造所である。

clip_image008
小禄にある宮里酒造所は、終戦後1946年この地で創業した。
徹底した麹造りと厳密なデータ収集による再現性の高い造りを行なっている酒造所である。
基本的に見学不可の酒造所であるが、配慮いただいて中に入らせていただいた。
建物内の撮影はできなかったが、説明をお聞きすることはできた。
麹造りの装置とか蒸留器とか徹底的に研究し、手を入れて使いこなしているので、新しい機械よりイメージに沿った造りが可能になる使い込んで、知り尽くした機械が代えがたいものになっている。
手作りのオーソドックスな造りが行われている酒造所である。
非公開が基本なので、具体的なことを記事にするのは差し控えたい。


道の駅糸満に向かい、買い物。
JA
の農産物直売所に行くと、去年は山のようにあった季節の果物ドラゴンフルーツが、3個しか置かれていない。
店の人に聞くと、台風によってドラゴンフルーツが壊滅的な被害を受け、殆ど入荷しないとのこと。明日入るかどうかもわからないとの話。
花も果物も台風には勝てない。

clip_image010
それでは、柳の下のどじょうを狙って、おさかなセンターに行く。

clip_image012
近海物のマグロの寿司は今日は無かった。
それでも生寿司が1パック380円は安い。

clip_image014
魚を見ると、唐揚げにしたら美味しそうなグルクンが一山500円。沖縄に住んでいれば買うところだ。

午後の酒造所見学は、忠孝酒造。
前回は、観光用のガラス張りの酒造コーナーを見学したので、今回は道路の反対側の本社工場の見学だった。
製造設備・造りの方針、研究開発等のことを杜氏である製造部門の人から直接説明を受けることが出来、質問にも答えていただいた。
大変参考になった見学だった。
詳細は、別途記事を書きたい。

見学が終わったので、南部ではお定まりの島根の塔に参拝。
今回は、行ったことのなかった東京の塔にも行ってみた。

那覇に戻り、夕食の時間になったので、前回気に入った。
だいこんの花安謝店でビュッフェ。

clip_image016
朝昼と、食事を簡素にしたのは、この店のためだった。

clip_image018
「濃厚プリン」、これが美味しいのだ。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可