2013/03/31  日本酒の会sake nagoya  お花見  (その4) - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (3)日本酒 › 日本酒の会sake nagoya › 2013/03/31  日本酒の会sake nagoya  お花見  (その4)
2013-03-31 (Sun)  23:30

2013/03/31  日本酒の会sake nagoya  お花見  (その4)

<珍しい酒>
この場でしか飲めない酒が登場するのが、花見の宴の嬉しいところ。

これは愛知県の地酒だが、飲んだことはおろか、見たこともなかった。


clip_image007_thumb
・蜂龍盃 濁り 活性 生酒 森山酒造
(愛知)
愛知といっても設楽郡の北、長野県の県境の酒だそうだ。

日本酒の伝統を感じさせる活性にごり酒。

これは今は亡き初夢桜。
clip_image008_thumb
・初夢桜 純米吟醸 2009/11 天埜酒造酒造 (愛知)
マニヤT氏が参加者に飲ませようと持参したものだ。

clip_image009_thumb
天埜酒造2009年醸造の酒。
もう飲む機会は、稀だろう。
吟醸酒だが常温保管されていたもの。
立香は熟香だが味は濃い。
出来れば温度を上げてみたい処。
揚げ物にはよく合った。


clip_image010_thumb
・なごみ桜 名大桜酵母仕込 純米酒 盛田酒造 (愛知)
clip_image011_thumb
名大農学部の桜酵母を使用し若水で醸した日本酒。
愛知県産業技術研究所、名古屋大学、盛田が共同開発し、名大生協で発売されたもの。
名前に桜が入り、桜酵母で醸されている。
お花見で飲むにはピッタリだ。
桜酵母のせいか、強い個性を押し出すのではなく、飲み易い印象だった。

<筆者持参の酒>
clip_image012_thumb
・はなざかり 純米吟醸 あらばしり うすにごり 花盛酒造 (岐阜)

口に含むと適度な吟醸香が口に広がり、あらばしりだが穏やかな甘さとうまみが感じられ、後口の良い酒だ。

昨日の花盛酒造の蔵開きの試飲で、最もお花見に適していると購入したもの。

予想通り、早々と空になってしまった。


<会が用意した吟醸酒>
花見に合わせて幹事が購入した贅沢な吟醸酒だ。
clip_image013_thumb
・出羽桜 雪漫々 手造大吟醸 出羽桜酒造 (山形)
吟醸酒が好きな筆者には、快い酒だった。


clip_image014_thumb
・刈穂 純米吟醸 春 kawasemi 秋田清酒 (秋田)
この酒も良かった。


山桜桃は、保存状態なのか?だったが、それ以外は贅沢な酒たちだった。
clip_image015_thumb
・賀茂金秀 純米大吟醸 金光酒造 (広島)

clip_image016_thumb
・くどき上手 愛山 純米大吟醸 生詰 亀の井酒造 (山形)

clip_image017_thumb
・鍋島 純米大吟醸 愛山 富久千代酒造 (佐賀
)



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

お花見 * by マニアT
先日はありがとうございました。二次会の蕎麦屋で沈没し
ましたが無事に帰りました。
家にある最後の一本は純米生貯蔵酒、2009年醸造でした。冷蔵庫に保管してあります。いつかの楽しみにとっておきます。

コメントありがとうございます。 * by 笑山
マニアT 様

こんばんは。
毎度ありがとうございます。

当日は、貴重な秘蔵酒をふるまっていただきありがとうございました。
 同じ場所の同じ蔵でも造る人によって酒は変わりますね。
初夢桜の世界はもう亡くなってしまいました。
大袈裟ですが今生の別れと思うと、貴重なお花見でした。

またお世話になります。

Comment







管理者にだけ表示を許可

お花見

先日はありがとうございました。二次会の蕎麦屋で沈没し
ましたが無事に帰りました。
家にある最後の一本は純米生貯蔵酒、2009年醸造でした。冷蔵庫に保管してあります。いつかの楽しみにとっておきます。
2013-04-05-23:03 * マニアT [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

マニアT 様

こんばんは。
毎度ありがとうございます。

当日は、貴重な秘蔵酒をふるまっていただきありがとうございました。
 同じ場所の同じ蔵でも造る人によって酒は変わりますね。
初夢桜の世界はもう亡くなってしまいました。
大袈裟ですが今生の別れと思うと、貴重なお花見でした。

またお世話になります。
2013-04-06-23:08 * 笑山 [ 編集 ]