2013/03/31  日本酒の会sake nagoya お花見  (その2) - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (3)日本酒 › 日本酒の会sake nagoya › 2013/03/31  日本酒の会sake nagoya お花見  (その2)
2013-03-31 (Sun)  23:50

2013/03/31  日本酒の会sake nagoya お花見  (その2)


降ったり止んだりの空を眺めながら、5時間待つのは辛い。
待っている場所取り担当3人は、交代で周辺散歩に出かけることにした。


北の道を辿り、御深井(おふけ)池の噴水が見える場所に向かった。

桜の中の立像の後ろには、野外ステージがある。
clip_image001
野外ステージは周辺に桜の木が植えられ、オランダ風車前の芝生と違って静かな空気が流れている。
静かに花見を楽しむには良い場所だ。

この野外ステージは、客席は高い位置にあり、客席からステージを見下げることになる。
ステージの先には、御深井池の噴水が見える。
clip_image002
昨年もこの視角で花見をしたことが昨日のように思い出される。


御深井池の周りには遊歩道があり、満開の桜を見ながら池を巡る事ができる。
clip_image003
毎年花見の時期には、散歩道は人が溢れ桜を楽しんでいる。
今日は、今にも降り出しそうな曇り空なので人も例年ほど多くはない。

clip_image004

clip_image005

clip_image006


clip_image007
設けられた二つの噴水が湖面にアクセントをつけている。

clip_image008
満開の桜の枝先には、盃のような噴水が見える。
あの盃が、日本酒ならと妄想するのは呑み助だけだ。

clip_image009
あくまで桜も噴水も美の世界だ。


clip_image010
桜の枝先が下がり、水面に届きそうな位置まで垂れている。

clip_image011
池の対岸は、屋台村だが紅白の幕は晴れやかだ。


clip_image012

満開の桜を背景にした噴水を見ていると、次第に心が静まってくる。
雑念が消えて、花と水の形だけに目を取られていた。

20130331名城公園お花見」

http://youtu.be/IFfHakhTzu8


待ち疲れの思いも消えたので、陣取りの仕事に復帰することにする




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可