2015/08/14  外食チェーンの「ちょい飲み」人気 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (13)飲むこと・食べること › 全般 › 2015/08/14  外食チェーンの「ちょい飲み」人気
2015-08-14 (Fri)  20:40

2015/08/14  外食チェーンの「ちょい飲み」人気


外食チェーンの「ちょい飲み」の先鞭は吉野家だが、参入が続いている。
中華食堂の日高屋は、アルコールメニューで生中310円(税込)で販売、あきんどスシローは回らないすし店「ツマミグイ」をオープンしている。

「ツマミグイ」のおつまみの300円メニューは、寿司のネタの仕入れをバックにレベルが高いそうだ。

駅前の店で、電車の待ち時間の間に、ちょい飲みするには良い店だが、郊外の店まで拡大するとは思えない。

居酒屋の意味は、価格と飲むだけではない。
心の問題がある。
常連・馴染みが居酒屋の柱にある。
居心地の良い店で、ゆっくりと心を開くことができる。

駅前の通りすがりの人間関係で、満足できる人は良いが、居酒屋に取って代わることはできないだろう。


『繁盛する吉野家の「吉呑み」 牛丼店のマグロ刺身が旨い理由
2014.11.19 11:53

これまで食事をする場所だった外食チェーンが「ちょい飲み」に続々と参戦している。牛丼チェーンの吉野家は居酒屋風に改装した「吉呑み」が快進撃を続けているが、人気の現場はどうなっているのか。

「まぐろ刺身 310円」--。吉野家・JR神田駅店のメニューには、牛丼チェーンとはおよそ縁のなさそうな料理が並ぶ。

昨年7月から吉野家では、既存店舗の2階を居酒屋風に改装して「ちょい飲み」スペースとする「吉呑み」の展開を始めた。現在では全国18店舗に広がり、同社広報が「あまりに好調で店舗は取材対応不可」と語るほどの人気を博す。

平日の開店2時間後の19時に店を訪れるとすでに満席で45人が列を作っており、入店までにかかった待ち時間は約40分だった(JR神田駅店の「吉呑み」の営業時間は17時~2230分)。

カウンター席とテーブル席と合わせて約20席の店内にいる客の9割はスーツ姿のサラリーマン。席に着くと壁に貼られたメニューが目に飛び込んでくる。

「牛皿(並、250円)」など吉野家でお馴染みメニューの他に「子持ちししゃも(310円)」「メンチカツ(310円)」「フライドポテト(160円)」など酒のつまみを豊富に取り揃える。

そうしたラインアップを可能にするのがグループ企業の存在だ。

JR神田駅店の男性店員が一番人気のメニューとして挙げた「牛すじ煮込み(350円)」は吉野家HDが展開する「ステーキのどん」から肉を仕入れて調理した一品。刺身も同様にグループ内の「京樽」から調達している。

「付け焼き刃でつまみメニューを開発するのではなく、吉野家グループの力を結集した結果、支持を得ている」(同社関係者)
※週刊ポスト20141128日号』




関連記事

最終更新日 : 2021-06-25

Comment







管理者にだけ表示を許可