2022年01月22日 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年01月
2022-01-22 (Sat)

2022/01/22 日記 侘助

2022/01/22 日記 侘助

2022/01/22 (土) 旧暦: 12月20日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 6時47分 日没:  16時57分 月出:  21時04分 月没:  9時24分 月齢:  19.35 潮汐:  中潮 干支:  乙亥 六曜:  先勝 九星:  三碧木星 今日のあれこれ: 侘助 「椿の花くらべ~番外編~♪【乙姫・胡蝶絞侘助】」 https://youtu.be/rMSrdx9UH5Q 『侘助(わびすけ) 三冬 【子季語】  侘介 【解説】  ...

… 続きを読む

2022/01/22 () 旧暦: 1220日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 647分 日没:  1657分 月出:  2104分 月没:  924分 月齢:  19.35 潮汐:  中潮 干支:  乙亥 六曜:  先勝 九星:  三碧木星


今日のあれこれ: 侘助

「椿の花くらべ~番外編~♪【乙姫・胡蝶絞侘助】」

https://youtu.be/rMSrdx9UH5Q



『侘助(わびすけ) 三冬

【子季語】
 侘介
【解説】
 ツバキ属のなかでは、葉も花も小ぶり。
白、紅、しぼりなどの一重が半開きに咲く姿は日本人好みで、茶花としても重用されている。』
(季語と歳時記)



佗助の俳句:


・侘助や葉先に光る日の雫   鈴木静恵


・侘助や鳥横むきに逆さまに   杉本綾


・箒手に佗助咲くと呼びにけり  吉屋信子


・侘助を剪らむにまなこ猛くして  斎藤玄


・侘助を生けて起居をば共にせり  相生垣瓜人




椿から派生した花なら「XXX椿」とか名付けられれば良いものをと思う。

何故花の名前が侘助なのかと誰もが不思議に思う。
由来は、以下のような説になっている。

『ワビスケ・侘助
 わびすけ

[
ワビスケ・侘助]
侘助。豊臣秀吉の朝鮮出兵で侘助(わびすけ)なる人が持ち帰ってきたことに由来する説、茶人・千利休に仕え、この花を育てたとする「侘助」の名前に由来する説、茶人・笠原侘助が好んだことに由来する説などがある。』
(日本辞典
http://www.nihonjiten.com/data/46490.html
より転載)

由来の通り、茶室を飾る花として処を得ている。

また、尖って縁にギザギザのある葉の間に、一重の小さな白や紅色などの花が密やかに咲くことから、花言葉は「静かな趣、控え目、簡素」だそうだ。

花の名前ではなく、人の有り様を表現する言葉でもある。
「隠棲して閑寂な境地を楽しんでいる侘人」を、侘助と表現するそうだ。

その様な背景を持つ花だからか、例句を読んでいると俳人たちも、侘助に引き寄せられて心穏やかに詠んでいる。

吉屋の句。
吉屋の嬉しさを解ってくれる人が、近くにいることもまた嬉しい。
 呼ばれた男が、“それが何だ”では、傍にいる甲斐がない。