カ行のバラ - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Category -    カ行のバラ
2024-01-08 (Mon)

2024/01/08  薔薇の花影: ゴールドメダル

2024/01/08  薔薇の花影: ゴールドメダル

薔薇:ゴールドメダルは、黄色をベースに、花の色を変化させる薔薇。 春先には、黄色の花びらの縁に薄いピンクの色が浮き出る。 夏には、白っぽくなり、黄色も薄くなるので品種を間違える程印象が違う花も咲く。 1輪から数輪の房咲きで、花付きが良く、花びらは厚く、雨にも強く傷つきにくく、枝はとげが少なく、すらりと伸び、秋は特に長く伸びる薔薇。 《 薔薇の花影: ゴールドメダル 》 https://youtu.be/...

… 続きを読む


薔薇:ゴールドメダルは、黄色をベースに、花の色を変化させる薔薇。

春先には、黄色の花びらの縁に薄いピンクの色が浮き出る。
夏には、白っぽくなり、黄色も薄くなるので品種を間違える程印象が違う花も咲く。

1輪から数輪の房咲きで、花付きが良く、花びらは厚く、雨にも強く傷つきにくく、枝はとげが少なく、すらりと伸び、秋は特に長く伸びる薔薇。



《 薔薇の花影: ゴールドメダル 》

https://youtu.be/QZrL7z6ZZQI


20231116_102653.jpg

20231104_123202.jpg


20231116_102628.jpg

20231024_123534.jpg

20231116_102538.jpg

20231024_123554.jpg

20231116_103030.jpg

20231116_103016.jpg



#品種名: ゴールド メダル(Gold Medal
#
系統:  フロリバンダ (F
#
作出者: Jack Christensen
#
作出国: アメリカ
#
作出年: 1982
#
花の色: ベースは黄色。赤味を帯びたり、白っぽくなることも有り、色を変化させる薔薇。
#
花の径: 13cm前後 大輪
#
花の香: 中香
#
撮影日: # 2023/11/16
#
撮影場所: 愛知県 名古屋市 鶴舞公園
#youtube
タイトル: 薔薇の花影: ゴールドメダル
#youtube
リンク:

https://youtu.be/QZrL7z6ZZQI





2023-12-07 (Thu)

2023/12/07 薔薇の花影: コティヨン

2023/12/07 薔薇の花影: コティヨン

コティヨンは、アメリカ合衆国生まれの比較的新しい薔薇。 アメリカの色のイメージは原色だが、コティヨンは、株により、花により、色が微妙に変化する。 紫がかったピンク色、もしくはピンク色がかった紫色、もしくは明るいライラック色、もしくはライラックピンクと表現すれば良いのだろうか。 微妙に色合いが変化するが、一貫している事もある。 それは、上品さと言うかエレガントと言うか、嫌らしさ・ケバケバしさがな...

… 続きを読む

コティヨンは、アメリカ合衆国生まれの比較的新しい薔薇。
アメリカの色のイメージは原色だが、コティヨンは、株により、花により、色が微妙に変化する。

紫がかったピンク色、もしくはピンク色がかった紫色、もしくは明るいライラック色、もしくはライラックピンクと表現すれば良いのだろうか。

微妙に色合いが変化するが、一貫している事もある。
それは、上品さと言うかエレガントと言うか、嫌らしさ・ケバケバしさがない色合いだ。

そよ風に揺れているコティヨンを見ていると、心が穏やかになり、明るくなる気がする。
 その意味では、見る人に影響をする力を持った薔薇と言うべきかもしれない。




《 秋の薔薇: コティヨン 》

https://youtu.be/xl25MLC9bVA


20231024_121904.jpg



20231103_120923.jpg


20231103_120959.jpg



#
品種名: コティヨン(Cotillion
#
別名:   R.`Jacshok
#
系統:   フロリバンダ(Floribunda
#
作出者: Zary,K
#
作出国: USA
#
作出年: 1999
#
花の色: 紫がかったピンク色、もしくはピンク色がかった紫色、もしくは明るいライラック色、もしくはライラックピンク。
#
花の径: 7cm前後   #中輪 
#
花の香: 中香
#
撮影日: # 2023/11/16
#
撮影場所: #愛知県 #名古屋市 #鶴舞公園
#youtube
タイトル: #秋の薔薇: コティヨン
#youtube
リンク:  
https://youtu.be/xl25MLC9bVA





2023-11-25 (Sat)

2023/11/25 薔薇の花影: 金閣

2023/11/25 薔薇の花影: 金閣

新カテゴリー「薔薇の花影」の2番目の薔薇は、日本生まれの「金閣」。  花の名は、鹿苑寺にある舎利殿「金閣(金閣寺)」に因んでいる。花の色が、黄金色に輝く金閣寺の華麗さを想わせる。《 金閣20231121 》   大輪の花で、直径は13~15cmにもなることがある。黄色が鮮やかで、きりりとした風格に加えボ リューム感も感じさせる。黄色の薔薇は、色あせが速く、白に近づくことが多いが、この薔薇は退色...

… 続きを読む


新カテゴリー「薔薇の花影」の2番目の薔薇は、日本生まれの「金閣」。

 

花の名は、鹿苑寺にある舎利殿「金閣(金閣寺)」に因んでいる。花の色が、黄金色に輝く金閣寺の華麗さを想わせる。

《 金閣20231121 》



薔薇 金閣
 
薔薇 金閣
 
薔薇 金閣
 
大輪の花で、直径は13~15cmにもなることがある。
黄色が鮮やかで、きりりとした風格に加えボ リューム感も感じさせる。

黄色の薔薇は、色あせが速く、白に近づくことが多いが、この薔薇は退色が遅く、鮮やかな山吹色を楽しむことができる。

1~5輪の房咲きになり、花つきは中程度でだが、強健で花もちが良い。
 開花の期間も長く、春から晩秋まで楽しむことができる。



#品種名: #金閣(Kinkaku)
#英名: # Kinkaku 
#系統: #ハイブリッド ティー (HT)
#作出者: #岡本勘治郎
#作出国: #日本
#作出年: #1975
#花の色: #黄色系 
#花の色合: #鮮明な山吹色
#花の径: #13cm前後
       #大輪 
#花の香: #微香
#撮影日: # 2023/11/21他
#撮影場所: #愛知県 #春日井市 #王子バラ園
#youtubeタイトル: #金閣20231121
#youtubeリンク: https://youtu.be/awbeEVIHluw?si=nJ9lfdd5qs8x503N




2014-11-25 (Tue)

2014/11/25  秋の薔薇 (29)   「ゴールドマリー」

2014/11/25  秋の薔薇 (29)   「ゴールドマリー」

ゴールドマリー(Goldmarie)は、ドイツの薔薇。 Kordesが、1984年に作出した。 外側の花弁が僅かに赤味を帯びる。 中央は目の覚めるような黄色。 遠くからでも目立つ薔薇だ。 花輪は中程度で、花も良くつけ、花持ちも良い。 樹勢が強く、樹形も広がり過ぎないので育てやすいそうだ。  ...

… 続きを読む


ゴールドマリー(Goldmarie)は、ドイツの薔薇。
Kordes
が、1984年に作出した。

clip_image002
外側の花弁が僅かに赤味を帯びる。
中央は目の覚めるような黄色。
遠くからでも目立つ薔薇だ。

花輪は中程度で、花も良くつけ、花持ちも良い。
樹勢が強く、樹形も広がり過ぎないので育てやすいそうだ。



 

2014-11-04 (Tue)

2014/11/04 秋の薔薇 (9)    「コルベット」

2014/11/04   秋の薔薇 (9)      「コルベット」

赤い薔薇を写真に取ることは難しい。 目で見た美しさには遠く及ばない。 コルベット(Corbet)は、ドイツのコルデス(Kordes)が1997年に作出した。 ハイブリットティ系。...

… 続きを読む


赤い薔薇を写真に取ることは難しい。
目で見た美しさには遠く及ばない。

clip_image002

コルベット(Corbet)は、ドイツのコルデス(Kordes)1997年に作出した。
ハイブリットティ系。




2014-10-26 (Sun)

2014/10/26  秋の薔薇 (2)   「光彩」

2014/10/26  秋の薔薇 (2)   「光彩」

秋の薔薇にピッタリの花が光彩。 紅と黄色が微妙に交じり合い、部分的には黄があり、光彩を放っているように見える。 日本の薔薇の第一人者鈴木省三が創りだした薔薇で、アメリカでは「ミカド」の名前で知られている。 発表年:: 1987 年 微香性である。樹勢は強い。 耐寒、耐暑、耐病性に優れ、鉢・プランターで...

… 続きを読む


秋の薔薇にピッタリの花が光彩。

紅と黄色が微妙に交じり合い、部分的には黄があり、光彩を放っているように見える。

clip_image002

日本の薔薇の第一人者鈴木省三が創りだした薔薇で、アメリカでは「ミカド」の名前で知られている。

発表年:: 1987 年
微香性である。樹勢は強い。
耐寒、耐暑、耐病性に優れ、鉢・プランターでも栽培できるそうだ。