季節の美味しさと日本酒を - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Category - 季節の美味しさと日本酒を
2023-12-17 (Sun)

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1)~まとめ~

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1)~まとめ~

年末恒例の酒宴である酒の中島屋さんの「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」が開催された。 毎月開催されているのだが、平日の夜7時から始まることが多いが、年末12月の宴は、日曜日の昼12時からなので、ゆったりとした気分で、美酒とお酒に合った美肴を楽しむことができる。 お酒は、酒の中島屋さん厳選の20酒。 料理は、岐阜の名店・人気店「楮はなれ」。 今回も素晴らしい内容の宴だった。 至福の時間に身を置い...

… 続きを読む


年末恒例の酒宴である酒の中島屋さんの「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」が開催された。

毎月開催されているのだが、平日の夜7時から始まることが多いが、年末12月の宴は、日曜日の昼12時からなので、ゆったりとした気分で、美酒とお酒に合った美肴を楽しむことができる。

お酒は、酒の中島屋さん厳選の20酒。
料理は、岐阜の名店・人気店「楮はなれ」。
今回も素晴らしい内容の宴だった。

至福の時間に身を置いてを、美酒と美肴を楽しむのだが、刻を止めることは出来ない。流れるが儘だ。
せめて、その刻を記録しておこう。


《 美酒 》

日本酒は、酒の中島屋さん眼鏡に適った20酒。
造りたて世に出たばかりの新酒から11年半ものの熟成酒まで。
縦横に組まれたテーマに沿ってお酒を楽しむことになる。
これ程幅の広い日本酒が一度に飲むことができる会は、他には無いだろう。


20231217季節の美味しさ-出品酒一覧
(写真は21酒写っているが、これは瀧自慢と信濃鶴が同じものが2本づつ並んでおり、また清泉 純米吟醸の2018年熟成酒が写っていないためである。)


今日のテーマは、
・乾杯
・新酒しぼりたて
・幻の酒造米愛山
・個性派純米を燗で楽しむ
・今日の贅沢 吟醸・大吟醸飲み比べ
・熟・醇をのむ

配布される「利き酒メモ」に蔵・銘柄・酒米・スペック等は書かれているので、確認しながら、利くことができるので勉強になる。

20231222_093959補正済

20231222_094050補正済


20231222_094150補正済

20231222_094234補正済



《 美肴 》

岐阜の名店、「楮はなれ」は岐阜駅から徒歩圏内の、繁華街にある。

20231217_120700_20231230210915041.jpg

20231217_120718_20231230210913b29.jpg

人気の板前さんの七品の料理が、流れに沿って、順に、作りたての料理が提供される。

今日のお献立は以下の通り。

20231222_094313補正済


美酒: 20酒、
美肴: 7
の個々の個人的な印象については、以下の記事(その2)、(その3)に、記録することにしたい。





2023-12-17 (Sun)

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2)~今日の美酒~

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2)~今日の美酒~

(この一覧写真は、利き酒メモの順番通りには、並んでいない。) 会は、乾杯酒のコーナーから始まる。 どんなお酒が登場するか、楽しみだ。 《 乾杯 》 今日の乾杯酒は、 <玉川 手つけず 純米 五百万石> 「玉川 手つけず 純米 五百万石 (44)『五百万石』 60%精米の純米吟醸の玉川流直汲み」 立香は、甘い香の後、僅かだが熟香のようなものを感じる。 甘い入口の後スーッと糸を引くような味わいがあり、こ...

… 続きを読む


20231217季節の美味しさ-出品酒一覧
(この一覧写真は、利き酒メモの順番通りには、並んでいない。)

会は、乾杯酒のコーナーから始まる。
どんなお酒が登場するか、楽しみだ。


《 乾杯 》

今日の乾杯酒は、

<玉川 手つけず 純米 五百万石>
01-20231217_150916_20231230195652a57.jpg

01-20231217_150924_20231230195654e72.jpg
「玉川 手つけず 純米 五百万石 (44)『五百万石』 60%精米の純米吟醸の玉川流直汲み」

立香は、甘い香の後、僅かだが熟香のようなものを感じる。
甘い入口の後スーッと糸を引くような味わいがあり、これがスピード感・爽快感を感じさせる、面白い展開で個性的。
中盤に近づくと辛味のパンチが来る。含み香にアルコール臭のようなものを感じる。
中盤以降、辛味が続く。
後口は含み香と辛味の余韻。
主張のある個性的な世界を持つ酒の印象。



次のコーナーは、
《 新酒しぼりたて 飲み比べ 》
 5蔵、8酒の顔ぶれ。

トップバッターは、地元の蔵。
<三千盛 純米大吟醸 にごり新酒生酒>
02-20231217_150934_20231230195656fa7.jpg


02-20231217_150947_20231230195659f1c.jpg          『美山錦』 『あきたこまち』 45%精米 純米大吟釀

にごり酒なのだが、上澄み部分と澱の部分に分けて提供された。
 面白い飲み方。混ぜたものを飲めば、3種類味わうことができる。

<上澄み部分>:立香はあまり感じない。トロリとした舌触りだが、味わいはスッキリとして切れの良い印象。
 次に、シュワシュワの発泡感が来る、辛味の強い発泡だ。少し時間が経つとグラスの内側に小さな気泡が付着し始めた、炭酸ガスだろう。
 中盤もトロリとした厚みを感じるが味に偏りは無く、後半にかけ、良く切れる。

<澱部分>:立香は感じない。スッキリとした入口。澱なのだが意外にも舌触りにザラつき感が無い。
 中盤以降も味わい・香り共偏りがなくスッキリとした世界で良く切れる。

<混ぜたもの>:在ったかも知れないが、通過せず利け無かった。


次は、酒の中島屋お勧めの信濃鶴。
< 信濃鶴 初しぼり 純米 無濾過生原酒 >
03-20231217_151127_2023123019565928a.jpg

03-20231217_151132_20231230195701edf.jpg
「美山錦』 60%精米 純米吟醸しぼりたて生原酒

甘い入口。ふくらみを感じる。立香は、強くはないが程良い吟醸香がある。
含み香は甘さを感じる。シュワッとした発泡感も感じるが三千盛の後では穏やかだ。
中盤にかけ、トロリとした舌触り、ふくらみが口の中で広がる。
味わいが纏まるので癖は感じない。
味わいの世界が大きく、価格不相応の風格すら感じる。


次も長野県の酒蔵小野酒造店の夜明け前。
< 夜明け前 純米吟醸 しぼりたて生酒 >

04-20231217_150807_20231230195702c4b.jpg


04-20231217_150814_202312301957043d4.jpg
兵庫県産山田錦特等米(55%

立香は程良い吟醸香、甘い入口。
シュワッとした発泡感を感じる。
舌触りは滑らか。含み香は、甘さ+吟醸香。
ふくらみ、広がりは大きくはないが、嫌味がなく切れの良い世界。
仄かな発泡感も感じる。


次は、松の司の2酒。

< 松の司 楽 純米吟醸 しぼりたて >
05-20231217_151307_20231230195705f41.jpg
          
山田錦 60%精米 純米吟醸
          
立香はあまり感じない。
甘い入口。味が迫ってくる感じで、押してくる強さがある、味の裏に辛味が潜んでいる。
迫ってくる主張のある世界を持った酒。


< 松の司 純米吟醸 あらばしり >
06-20231217_151141_20231230195707b46.jpg

06-20231217_151149_2023123019570823f.jpg
          
山田錦 55%精米 純米吟醸

          
立香は仄かに甘い。トロリとした入口。入口は甘い。
ふくらまず・広がらず静かな世界。
自分の大きさで、纏まっている。



次は、新潟の酒、清泉の3酒。

< 清泉 純米吟醸 しぼりたて生酒  >
07-20231217_151045_20231230195710d9b.jpg

07-20231217_151052_20231230195711979.jpg

07-20231217_151057_2023123019571466b.jpg
『五百万石』55%精米 純米生酒

立香はあまり感じない。
滑らかな舌触り。トロリとした大きな世界。
含み香も程良い吟醸香。
後半の切れも良い。
飲み終わると、全体として香り・味わいのバランスが良い。


< 清泉 大吟釀 夢花火恋花火  >
08-20231217_150954_20231230195714e8d.jpg

08-20231217_151002_2023123019571674c.jpg
麹米:新潟の新しい酒米「越淡麗」
掛米:「亀の尾」
精米歩合50
大吟醸規格の精白にこだわった造り。

立香は、何か熟っぽい感じもある。
入口は甘い。スッキリとして、スピード感が速い、辛味・酸の味は抑えられ、軽くスピードのある世界。
その儘中盤を通過すると、後半は良く切れる。
個性的なスピード感溢れる世界。


3
酒目は、
< 清泉 越淡麗 純米吟醸  >
09-20231217_151105_20231230195717941.jpg

09-20231217_151114_202312301957194a5.jpg
冬季に醸造した清酒を蔵内で一夏貯蔵、熟成させ、秋に出荷する「ひやおろし」。
原料米は、地元産の酒造好適米「越淡麗」
50
%精米。

甘い入口。滑らかな舌触り。
入口は、ふくらむが、中盤、苦味が浮き萎む。
後半の切れは良い。
全体として、世界が小さい印象。
(しぼりたて生の後なので、そう感じるのかも知れない。)



次のコーナーは。
《 幻の酒造米 愛山 飲み比べ 》 3

トップバッターは、三千櫻。
日経スペシャル「 ガイアの夜明け」その他のメディアで話題になった岐阜県中津川から北海道東川町へ蔵ごと移転した
三千櫻酒造の愛山。

< 三千櫻 純米 愛山60  >
10-20231217_151014_2023123019572049f.jpg

10-20231217_151020_20231230195838583.jpg

愛山』60%精米 純米大吟釀

立香はあまり感じない。滑らかな入口。
入口は甘いが、次第に、苦味・渋味主張がある。
この味わいが中盤以降も続く。
切れは、あまり良くはない。
燗酒向きの酒だろうか?


< 立山 純米吟醸 愛山  >
11-20231217_151031_202312301958405aa.jpg

11-20231217_151037_202312301958423f9.jpg
『愛山』60%精米 純米大吟釀

甘い入口。トロリとした舌触り。
入口から広く、広がり有り。
味のバランスも良く。偏りの無い味わい。
バランスの良さを感じる。


3
酒目は、瀧自慢。
だが、珍しく主催者の手違いで、登場したのは「瀧自慢 純米大吟醸 亀の尾」だった。
愛山を2酒比べながら、亀の尾とも比べる、手の込んだ、面白い飲み比べとなった。

< 瀧自慢 純米大吟醸 亀の尾  >
12-20231217_150708_202312301958449cd.jpg

12-20231217_150716_202312301958469a2.jpg
『亀の尾』60%精米 純米大吟釀

立香はあまり感じない。
滑らかな舌触り。含み香は、軽い吟醸香。
ふくらみ・広がりは大きくはない。
中盤、辛味の主張がある。
後半の切れは良く、吟醸酒らしい世界はある。



次のコーナーは、
《 個性派純米 飲み比べ 》 2酒。
季節柄、このコーナーでは、燗酒も楽しむ趣向。

< えびす寿 特別純米  >
13-20231217_150827_2023123019585117f.jpg


13-20231217_150834_20231230195850392.jpg
山形県産『美山錦』60%精米 特別純米

燗酒。甘い入口。口に含むと、ふくらみを感じる。
燗酒らしい世界で、楽しさを感じる。

冷酒:舌触り滑らか。味・香りの癖は無く、飲み易い。

熱燗:立香は、甘い香りの中に、エチル香も感じる。
滑らかな舌触りで、ふくらみと広がりもある。
後半、辛味のキリッとした締めも有る。

この酒は、燗向きの酒で、少し高めの温度の方がうまく燗上がりしそうだ。


2
酒目は、燗酒として出荷されている酒。

< 九頭龍 熟成純米 燗たのし  >
14-20231217_150738_202312301958536c4.jpg

14-20231217_150747_20231230195855445.jpg
『五百万石』 60%精米 純米

通常温度の燗酒のみ利いた。
入口は、スムーズで滑らか。癖は感じない。
穏やかな世界で、中盤過ぎまで飲み心地良い。
ただ、後口で、辛味が跳ねる感じがある。



次のコーナーは、
<今日の贅沢 吟醸・大吟醸飲み比べ> 3酒。

トップバッターは、
< 白岳仙 黒鉄(くろがね) 純米大吟醸 本生  >
15-20231217_151242_20231230195855418.jpg

15-20231217_151247_20231230195858f56.jpg
五百万石』50%精米 純米大吟釀

          
立香は、甘い香り。
甘い入口。シュワッとした発泡感を感じる。
中盤にかけ、苦味の主張を感じる。
ふくらみ・広がりは小さく、世界が狭い。
主張のある酒が好きな人には向くが、自分の好みの世界ではない印象。


次は、〆張鶴の大吟醸 盞(さん)
お気に入りの酒だ。
利く前から予断を持ってはいけないが、期待が膨らむ。

< 〆張鶴 盞 (さん) 大吟釀  >
16-20231217_150859_20231230195858077.jpg

16-20231217_150904_20231230195900b11.jpg

16-20231217_150909_20231230195902e9e.jpg
『山田錦』 40%精米 大吟釀

甘い立香。甘い入口。
口に含むとトロリとした舌触りとともに大きくふくらみ、広がる。大きな世界に吸い込まれる感じ。

利き酒の様に、酒だけ飲んでも楽しめる。
肴は要らない世界だ。

一方、癖のない世界なので、肴を楽しみながら飲むこともできるので、贅沢な食中酒としても楽しめる。

期待通りの〆張鶴の世界で、満足した。


3
酒目は、今日の酒の中で最も高価な酒、1800ml 8800円(税込)のお酒。

< 明鏡止水 純米大吟醸 磨き35  >
17-20231217_150844_20231230195905d2f.jpg

17-20231217_150850_20231230195905fb9.jpg
『山田錦』 35%精米 純米大吟釀

立香は、仄かだが、快い香り。
甘い入口。トロリとした舌触りの後、辛味が来る。
含み香には、少しエチル系の香りを感じる。
終盤にかけての切れは良い。

このクラスの酒の評価は、良くて当たり前なので、最後は、個人の好みに依ることになる。

個人的には、もう少し主張を抑えて、ゆったり、悠然とした味わいの方が好みだ。



最後のコーナーは、
<熟・醇・をのむ> 3酒。
熟成酒を飲むことができるのも、この会の特色だ。

トップバッターは、
< 東一 純米山田錦 おりがらみ 製造年月202203月  >

18-20231217_150622_20231230195907e85.jpg


18-20231217_150632_202312301959073c0.jpg

18-20231217_150658_20231230200008db7.jpg
『山田錦』 64%精米

純米の2年熟成酒なのだが、
立香は、熟成香のようなものは感じない。
甘い入口。含み香も甘い。
味の主張のある中盤で、まだまだ元気いっぱいだ。


< 清泉 純米吟醸 生酒 製造年月201811月  >
19-20231217_151200_20231230200011dc1.jpg
(当日、酒の瓶が並んでいる中には見当たらなかったので、この写真はネットから入手したもので、当日の瓶ではない。)
『五百万石』 55%精米 純米吟醸生酒

5
年熟成酒だが、
甘い入口、スッキリとした印象。
熟したという印象はあまり感じない。
舌触りは、熟成酒らしく滑らか。
味の癖はなく、バランスの良い味わい。
尖りがなく、穏やかに纏まっている世界。

熟成させることが、新たな世界に導いてくれることが理解できる味わい。


今日の最後は、

< 松の司 アゾラ 純米吟醸 生  製造年月: 201204月  >
20-20231217_151223_20231230200014563.jpg

20-20231217_151230_20231230200014930.jpg
『山田錦』 50%精米 純米吟釀

熟成期間11年半の長熟成酒。
立香には、仄かに香ばしさを感じる、嫌な熟成香ではなく快いもの。滑らかな舌触り。
含み香にも、香ばしさを感じる。
含み香を注意して探ると、香ばしさの奥にエチル系のような甘さを感じた。
 含み香も快いもので熟成酒としては順調に育っている印象。
 間違うとアンモニア臭の方に行ってしまうが、この酒は熟成酒らしい世界。

少し温度を上げたらどうなるか、試してみたいと思った。




2023-12-17 (Sun)

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3)~今日の美肴~

2023/12/17 第391回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3)~今日の美肴~

本日のお献立   楮はなれ 今和5年12月17日(日) <水菜のみぞれ和え> カリカリ、コリコリとした食感。 サッパリとして口の中が洗われる感じ。 水菜の葉の部分は出汁の旨味を感じる。 魚卵が入っており、時々プチプチの食感が現れる。 柚子の皮が入っており、これも香が時々立つ。 カリカリ、プチプチの食感と時に立ち現れる香りが楽しい。 <ゆり根の飯蒸し> ゆり根はホッコリとした食感で仄かに甘い。 ...

… 続きを読む


本日のお献立   楮はなれ 今和51217()


<水菜のみぞれ和え>
20231217_122135_20231230193900a93.jpg
カリカリ、コリコリとした食感。
サッパリとして口の中が洗われる感じ。
水菜の葉の部分は出汁の旨味を感じる。
魚卵が入っており、時々プチプチの食感が現れる。
柚子の皮が入っており、これも香が時々立つ。
カリカリ、プチプチの食感と時に立ち現れる香りが楽しい。



<ゆり根の飯蒸し>
20231217_123606_20231230193900930.jpg
ゆり根はホッコリとした食感で仄かに甘い。
癖のない品の良い世界。其処に、梅肉と旨味の薬味のアクセントが加わる。
ご飯は、モチモチの食感で、大粒の米が光り輝いている。
お米好きには嬉しい一品だ。



<鯖とごま豆腐の椀>
20231217_124810_202312301939049cb.jpg

20231217_124831_20231230193906d4a.jpg

鯖の下に隠れているごま豆腐は、モチッとした食感で、豆腐と言っても食べ応えがある。
湯気が立ち上ると柚子の香が漂う。
鯖は、焼いてあるが塩鯖ではなく、塩味は薄く旨味だけの味。
全体として、鯖とは思えない上品な香り・旨味のお椀だった。



<蕪の風呂吹き>
20231217_130848_20231230193911f23.jpg
柔らかく茹でた蕪に甘い味噌がかけられ、胡桃・木の実がトッピングされている。
舌の上でとろりと溶ける蕪の食感、甘い味だが仄かな旨味のある味噌、このふたつが口の中で混じり合う快さがある。

蕪も味噌も高価な材料ではないが、実に美味しい。
家庭では出来ない世界を感じる。
技で味合わせる力を感じる。
料理は素材は重要だが、それ以上に技が重要であることが理解できる。料理は技次第の典型だ。



<鰆の粕煮>
20231217_132739_20231230193913ac1.jpg
大吟醸の酒粕で作られた粕汁。
鰆の上にトッピングされているのはホウレン草、程良い食べごたえ。
人参の短冊は、湯通しくらいの加熱で、人参の食感・風味を残してある。
大根も、柔らかいが、先程の蕪とは違って、とろけてしまうのではなく、ザラッとした大根の風味を残した火加減になっている。
鰆は、淡白な鰆の旨味と粕汁の甘みが穏やかだった。



<和牛のグリル>
20231217_134829_20231230193915a5d.jpg

20231217_134837_20231230193917f9e.jpg

牛肉の肉臭さがなく口に入れた時の癖がなく、すぐに肉の旨味が感じられた。食感も周りは加熱されているが、中心部に向かって生肉の食感が残されている。肉も筋がなく柔らかい部分で、肉の旨味が真っ直ぐ感じられる。

食感、味わい、旨味、すべての面で癖・嫌味のないバランスの取れた世界で、安心して楽しむことが出来た、王道の美肴だ。

今まで食べたローストビーフは何だったのかと思わせた。
10
点をつけることは基本的にしないが、これは、10点を付けたい。

しいたけの煮物は、シコシコとした食感、舌触りは滑らか。噛んでいると椎茸の旨味がじんわりと口の中に広がる。



<菜の花ご飯と味噌汁>
20231217_141708_20231230193921d7c.jpg
菜の花と入っているのは鳥のささみ肉だろうか。
出汁の旨味が穏やかで、ふんわりとした春の世界のような感じに誘われる。

20231217_141928_202312301939214c3.jpg
葱、豆腐、あおさ、それぞれの食材感が異なり、舌触り、食感、味わいに変化が出て、面白かった。
とろり、滑らかと言っても、豆腐とあおさでは全く違う。






2023-09-03 (Sun)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1 まとめ)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1 まとめ)

今日の酒宴は、岐阜市内、時間はお昼なので、JR岐阜駅の信長公に参拝。 今日も、夏の日盛りの下、信長公は金色に輝いておられる。 この光に照らされれば、気力も回復するというもの。 岐阜バスで、長良川方面に向かう。 会場の割烹うおそうは、バス停から歩いてすぐのところだった。 もう参加者は半分ほど着席していた。 受付を済ませ、指定された席に座り、今日の出品酒が記載された「利き酒メモ」に目を通し、確認し...

… 続きを読む


今日の酒宴は、岐阜市内、時間はお昼なので、JR岐阜駅の信長公に参拝。


20230903_112019.jpg

今日も、夏の日盛りの下、信長公は金色に輝いておられる。
この光に照らされれば、気力も回復するというもの。

岐阜バスで、長良川方面に向かう。
会場の割烹うおそうは、バス停から歩いてすぐのところだった。

20230903_115406.jpg

もう参加者は半分ほど着席していた。
受付を済ませ、指定された席に座り、今日の出品酒が記載された「利き酒メモ」に目を通し、確認した。

20230903利き酒メモ1

20230903利き酒メモ2

20230903利き酒メモ3

参加者がほぼ揃い、開始時間になったので、主催者の酒の中島屋店主西川氏の開会の挨拶が始まった。

この会は、来年400回を迎えるので、来年は400回記念の宴を開催する予定との話があった。
400
回というのは、大変な歴史なので、是非とも参加せねばと思った。


開会の挨拶が終わり、利き酒メモに記載の出品酒が、順を追って登場し、並行して長良川の鮎料理専門店の割烹うおそうの鮎料理が一品ずつ運ばれてきた。

出品酒の詳細は、記事のその2。
鮎料理の詳細は、記事のその3。
に記載しているので、
その1では、まとめとして印象を記載する。


《出品酒》
今回も、出品酒が16酒あり、縦横大きな広がり、奥行きがあり、色々な酒を楽しむことが出来た。

<房島屋>
今日の柱は、岐阜の所酒造の「房島屋」になっている。
今日は特別に所杜氏も参加されている。
プレゼントとしてお持ちいただいたと書かれている「房島屋 兎心ゴールド 純米大吟醸うすにごり」がどんな味わいか楽しみだ。

房島屋の酒は、乾杯酒を含めて8酒あった。
個々の印象は、その2の記事に記載したので、此処では全体の印象を記載する。

房島屋は、甘・酸・辛の確りとした味わいと後半のキレの良さから料理とも相性が良いのが特徴だが、今日の8酒を飲んでいて判ったことがあった。
それは、舌触りの滑らかさだ。

舌触りの滑らかさは、熟成酒の特徴・良さとして感じることはあるが、新酒で感じることは少ない気がする。
今日の房島屋には、舌触りの滑らかさを感じた。


<純米ひやおろし>
このコーナーで印象に残ったのは、No.10の白岳仙。
味のメリハリとか膨らみとか主張は強くなく、穏やかな味わいだが味がない訳ではなく、まとまっていて、全体として穏やかな世界を感じさせるところが良かった。


<今日の贅沢・個性派>
このコーナーでは、信濃鶴と三千盛が面白かった。

NO.12
No.13は「信濃鶴 田皐(でんこう) 純米吟醸」の米違いで、造りは同じで酒米が美山錦とコシヒカリと違うだけだ。
しかし、印象はかなり違う。
No.12
の赤ラベル美山錦は、スピード感のある味わい。
No.13
の青ラベルコシヒカリは、まったりとして穏やかさを感じる世界。
それぞれ良い味わいを持っているが、自分の好みでは、青のコシヒカリを評価したい。

三千盛は純米大吟醸の10年古酒で日本酒としては珍しい古酒だ。
着色はあるが、立香には老香はなく香ばしさを感じた。
味わいは、個々の味というよりトロリとした舌触りと大きく膨らみ広がる世界が10年の熟成を感じさせる。
熟成が低温熟成なのか常温なのか
タンク貯蔵なのか密閉容器(瓶)なのか
知りたくなって
公式サイト他を検索してみたが、情報は得られなかった。


<
熟・醇・を飲む>
信濃鶴 純米 無過生原酒の2017/04製造の6年熟成酒。
甘辛の濃い味でパンチがあり、元気いっぱいで6年の歳月を感じさせない。立香、含み香とも老香のような癖はなく、後半のキレも良かった。

「信濃鶴 田皐(でんこう) 純米吟醸」でも造りの良さを感じたが、この純米酒の6年熟成の世界も造りが確りしていなくては辿り着けない世界。
今日は、信濃鶴の造りの確かさを理解できた。



《今日の料理》

鮎の専門店で鮎づくし料理を頂いたのは初めてで、
銘酒を飲みながら、楽しくいただく事ができた。

個々の鮎料理の印象は、その3に記載したので、此処では全体の印象を簡単に書く。

鮎づくし料理なので、色々な料理法の鮎を頂いた。
赤煮と言う鮎料理は鮎専門店でしか頂けない珍しい料理だった。

全体の印象として、意外だったと言うか、成る程と言うべきか、感じたことは、鮎の素材の味をその儘出すという料理法であることだ。

鮎の旨味を味で隠してしまってはいけない。
鮎の旨味は残して料理するのが専門店であることが理解できた。





2023-09-03 (Sun)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2 出品酒)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2 出品酒)

この会の、出品酒については、会が始まる時に配布される 「利き酒メモ」に記載されている。 <本日の酒リスト> 今日の出品酒の柱は、所酒造の房島屋になっている。 以下のように書かれている。 『本日は「うおそう」さんでの昼間の開催です。 揖斐川町の 「房島屋」 蔵元杜氏所優氏にもご参加いただき鮎料理と 「房島屋」を楽しみます。日曜日の昼間の贅沢、 お料理と特撰酒を、 ゆっくり楽しみましょう。』 ...

… 続きを読む


この会の、出品酒については、会が始まる時に配布される
「利き酒メモ」に記載されている。


<
本日の酒リスト>
今日の出品酒の柱は、所酒造の房島屋になっている。
以下のように書かれている。

『本日は「うおそう」さんでの昼間の開催です。 揖斐川町の 「房島屋」 蔵元杜氏所優氏にもご参加いただき鮎料理と 「房島屋」を楽しみます。日曜日の昼間の贅沢、 お料理と特撰酒を、 ゆっくり楽しみましょう。』


出品酒16銘柄が、5つのコーナーに分けられて登場する。
<
乾杯 >                  1銘柄
<
房島屋 アラカルト >          7銘柄
<
純米ひやおろし 飲み比べ>      3銘柄
<今日の贅沢・個性派 飲み比べ> 4銘柄
<熟・醇・を飲む>            1銘柄

酒質、量共に飲み応え十分な内容になっており、日本酒好きには堪らない顔ぶれになっている。


<
乾杯 >  元祖・兎心ブラックです。 「五百万石」の味わい

(1)
岐阜県揖斐川町 房島屋 兎心ブラック 純米(純米吟醸 五百万石


1-1-20230903_135418.jpg

1-2-20230903_135427.jpg




< 房島屋 アラカルト > 定番酒を中心に選んでみました

(2)
房島屋 純米 無濾過生原酒

2-20230903_134908.jpg


(3)
房島屋 純米吟醸 無濾過生原酒

3-20230903_135039.jpg



(4)
房島屋 純米吟醸 中汲み生

4-20230903_134837.jpg


(5)
房島屋 兎心ブラック純米吟吹雪責め令和2BY
   (令和2BYの兎心ブラック吟吹雪の責めを低温熟成)
5-20230903_135112.jpg


(6)
房島屋 純米 超辛口 火入れ

6-20230903_135214.jpg



(7)
房島屋 純米大吟醸 山田錦 火入れ

7-20230903_135144.jpg



(8)
房島屋 兎心ゴールド 純米大吟醸うすにごり
     (所様の差し入れです)

8-1-20230903_135013.jpg


8-2-20230903_135027.jpg


<純米ひやおろし 飲み比べ> 3銘柄

(9)
静岡県掛川市 開運 純米ひやおろし
    (33) 『山田錦』 55%精米の純米吟醸ひやおろし


9-20230903_135447.jpg

(10)
福井県福井市 白岳仙 純米 五百万石 ひやおろし
     (39) 『五百万石』 55,58% 精米の純米のひやおろし

  (写真を撮った時に、瓶が無かったので、未撮影)


(11)
石川県白山市 手取川 山廃純米ひやおろし
    (43) 『山田錦』 『五百万石』 60%精米の山廃純米

  (写真を撮った時に、瓶が無かったので、未撮影)



<
今日の贅沢 個性派 飲み比べ> 4銘柄

(12)
長野県駒ヶ根市 信濃鶴 田皐(でんこう) 純米吟醸60
  (12)-1 赤 美山錦
       (25)60%精米の純米。

12-1-20230903_135238.jpg





  (12)-2 青 こしひかり
       (25)60%精米の純米。

 

12-2-20230903_135300.jpg





(13)
長野県辰野町 夜明け前 絹華 純米吟醸
     (40) 『山田錦』55%精米の純米吟醸

13-20230903_143823.jpg



(14)
岐阜県多治見市三千盛 純米大吟醸 古酒2013
      (66) 『美山錦』 45%精米の純米大吟醸
       「三千盛」 91日新発売の古酒です。

14-1-20230903_143909.jpg

14-2-20230903_143920.jpg




<熟・醇・を飲む> **長い眠りから目醒めたリスクたっぷりのお酒です。

(15)
長野県駒ヶ根市 信濃鶴 純米 無過生原酒 <2017.4>
      (25) 『美山錦』 60%精米の純米。 冷蔵6年熟成

15-20230903_151117.jpg



今日の出品酒16銘柄の利き酒の印象を、まとめてみた。

《 今日の出品酒の個人的なまとめ 》
  個人的な印象です。

388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(出品酒)

No.

 銘柄名

スペック・その他

個人的な印象

備考

 

 < 乾杯 >

 

 

 

(1)

房島屋 兎心ブラック 純米 五百万石

精米歩合60%
度数:17
製造: 2023/08

立香が立つ、甘い香りと吟醸香を感じる。口に含むと含み家も広がる。甘い入口の後、すぐ辛味のパンチが来る。舌触りは滑らか。シュワッとした発泡感を感じる。中盤以降のキレ良い。残り香は甘く、発泡の余韻も残る。
乾杯酒としては、快い味香の世界があり、爽やかにキレるので、適性がある。

利き酒メモには純米と表記されているので、純米酒と勘違いして、利いている時から吟醸酒の様な純米酒だと感じていた。
帰ってから、記事を書くために写真を見ると、瓶の口元に純米吟醸のラベルが貼られていた。これを見て得心が行った。

 

 

 

 

 

 

< 房島屋 アラカルト >

 

 

 

(2)

 房島屋 純米 無濾過生原酒

精米歩合65%
度数:17度 日本酒度: +5
酸度: 2.3
製造: 2023/09

立香は、甘い香りの後、何か香ばしさも漂う。甘い入口、滑らかな舌触り。酸のふくらみ・広がりは大きくはなく、スピード感の有る辛味のパンチが続く。その後、中盤にかけて広がりを感じる。後半のキレ良い。

 

(3)

房島屋 純米吟醸 無濾過生原酒

麹米:山田錦(20%)・掛米:五百万石(80%)
精米歩合:50% 度数:17
日本酒度:+2 酸度:1.8
製造: 2023/09

立香は仄かに甘いもの、吟醸香は強くない。盃を回して酒を動かすと吟醸香が立った。甘い入口の後、含み香は吟醸香を感じる。酸の広がりがある。中盤以降も含み香は吟醸香。後半、味わいのキレ良い。残り香も程よい吟醸香。

 

(4)

房島屋 純米吟醸 中汲み生

麹米:山田錦 掛米:五百万石
精米歩合:50% 度数:17
日本酒度:+-0 酸度:1.8
製造: 2023/04

甘い入口。滑らかな舌触り。含み香は、甘い香り+エチル系(?)の様な香り。次に辛味が来るが、甘さが辛味をマスクするためかストレートな辛味ではなく、柔らかい辛味。
中盤以降のキレは良い。

 

(5)

 房島屋 兎心ブラック 純米吟吹雪無濾過生原酒
  責め令和2BY

麹米:あけぼの 掛米:吟吹雪
精米歩合:65%  度数:16
令和2BYの兎心ブラック吟吹雪の責めを低温熟成

軽い黄色系の着色が有る。甘い入口。滑らかな舌触り。その後、甘・辛・苦・渋が一体となった味わいのパンチがが来る。中盤、シュワッとした発泡感のようなものを感じる。中盤以降は、前半と異なり、意外とキレが良い。残り香を感じるが、表現が難しい。

 

(6)

房島屋 純米 超辛口 一回火入れ

精米歩合:65
度数:17
日本酒度:+10 酸度:1.8
製造:2023/08

少し着色が有る。立香は感じない。今までの酒に感じたような甘さ+滑らかさは感じない。スッキリとした入口。次に、軽い辛味。中盤にかけて、ややキレがなく味が集まる感じで、重い味わいを感じる。

 

(7)

房島屋 純米大吟醸 山田錦 火入れ

原料米: 山田錦100%  精米歩合:45
度数:16
製造:2023/09

立香は甘いもの。甘い入口。スピード感の有る展開で辛味が来る。含み香は吟醸香。中盤以降、甘さを残してスッキリとキレる。

 

(8)

房島屋 兎心ゴールド 純米大吟醸うすにごり
(房島屋所様の差し入れ)

原料米: 山田錦100%  精米歩合:45
度数:17
製造:2023/09

立香は、甘さ+吟醸香が程良い。甘い入口。含み香、吟醸香が立つ。トロリとした舌触り。甘さに辛味が加わりパンチを感じる、味わいの奥の方に軽い苦味が締める。微発泡感を感じる。
後半は、柔らかくキレていく。

 

 

 

 

 

 

 

<純米ひやおろし 飲み比べ>

 

 

 

(9)

開運 純米ひやおろし

(33) 『山田錦』 55%精米の純米吟醸ひやおろし
度数:16度 製造:2023/08

房島屋の酒を利いてきた後なので、香り・味共に穏やかな感じ。味はあまり広がらない。中盤にかけても酸のふくらみ・広がりは感じない。

 

(10)

白岳仙 純米 五百万石 ひやおろし

(39) 『五百万石』 55,58% 精米の純米のひやおろし

立香はあまり感じない。入口は、まったりとして、強い主張は無い味わい。味が集まっていて分化しない塊のようなものを感じる。中盤からは、キレが良く、辛口な感じ。後半の方が癖のない世界。
全体の印象として、大らかな印象が最初から終わりまで続く印象があり、良い世界を持っている。

 

(11)

手取川 山廃純米ひやおろし

(43) 『山田錦』 『五百万石』 60%精米の山廃純米

立香はあまり感じない。甘い入口。次に、発泡感を含んだ酸のふくらみ、これが終わると含み香が鼻に抜ける、少し個性的な香りでエチル系のものか。
熱燗: 立香は香ばしさを感じる。酸のスピード感が出て、辛味が後を追う。後半のキレ良い。

 

 

 

 

 

 

 

<今日の贅沢 個性派 飲み比べ>

 

 

 

(12)

(12)-1 信濃鶴 田皐(でんこう) 純米吟醸60  ラベル赤 美山錦

(25)60%精米の純米。
製造:2023/05

仄かに甘い立香。甘い入口。含み香も甘いもの。味の展開にスピード感が有る。中盤、辛味が来る。後半のキレ良い。

 

(13)

(12)-2 信濃鶴 田皐(でんこう) 純米吟醸60  ラベル青 こしひかり

(25)60%精米の純米。
製造:2023/07

甘い入口。含み香は仄かに甘い。まったりとした味わいで、穏やかさを感じる。赤ラベル美山錦とは、違う味わい。ゆっくりとまったりとしている。

 

(14)

夜明け前 絹華 純米吟醸

(40) 『山田錦』55%精米の純米吟醸
製造:2023/05

立香は仄かに甘い香り。甘い入口の後、辛味。酸のふくらみ・広がりは感じない。味が中に集まる感じ。中盤、味の集まる芯のようなものを感じる。この後、後半にかけては、キレる。
全体としては、やや世界が小さい印象を受ける。

 

(15)

三千盛 純米大吟醸 古酒 VINTAGE2013

 (66) 『美山錦』 45%精米の純米大吟醸
製造:2023/09
 「三千盛」 91日新発売の古酒です。

黄色い着色がある。立香はあまり感じないが、開いた盃に入れると、立香は仄かに香ばしいもの。トロリとした入口。次に酸の大きなふくらみと広がりがある。この大きなふくらみと広がりが、この酒の身上。後口は、スッキリとキレると言うより味のある辛口の風情。

 

 

 

 

 

 

 

<熟・醇・を飲む>

 

 

 

(16)

信濃鶴 純米 無過生原酒 <2017.4>

 (25) 『美山錦』 60%精米の純米。 冷蔵6年熟成

甘い入口。甘さと辛さの濃い味、パンチの有る味。老香は感じない。活気を感じる味わいで、6年の熟成を感じさせない。
中盤以降切れる。後口も癖がなく良い。
全体として、上手く熟成した世界を持っている酒。

 




2023-09-03 (Sun)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3 料理)

2023/09/03 第388回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3 料理)

今日の料理の会場は、鮎料理の店 割烹うおそう。 長良川の天然鮎の専門店。 岐阜長良川産天然鮎の店 割烹うおそう 住所:〒500-8082 岐阜県岐阜市矢島町1-3 電話:058-262-1875 営業時間:  昼(ランチ)  AM11:30~PM2:00  夜       PM5:00~PM9:00 定休日: 水曜日 公式サイト:  http://uosou.net/goannai-top.htm 《 今日の鮎づくし料理 》    (注)お品書きは無かったので、料理名は、...

… 続きを読む


今日の料理の会場は、鮎料理の店 割烹うおそう。
長良川の天然鮎の専門店。

岐阜長良川産天然鮎の店
割烹うおそう
住所:〒500-8082 岐阜県岐阜市矢島町1-3
電話:058-262-1875
営業時間:
 昼(ランチ)  AM1130PM200
 夜       PM500PM900
定休日: 水曜日
公式サイト:
 http://uosou.net/goannai-top.htm


《 今日の鮎づくし料理 》
   (注)お品書きは無かったので、料理名は、筆者が勝手に書いたもの
 
<前菜>
湯葉豆腐、枝豆、オクラ、キャビア風魚卵のあんかけ
20230903_120400.jpg

トッピングされた黒い粒粒のもの、キャビアかと思ったがキャビアでは無いそうだ。魚卵であることは間違いないだろう。
噛むとプチプチとしたような食感はなく、柔らかいが旨味が口の中に広がる。

枝豆を噛むと出汁の風味が立った。
湯葉豆腐は卵豆腐のようなトロトロ感ではなく、湯葉の層を感じる柔らかな食感と出汁の旨味。

野菜の輪切りは見た所オクラだが、オクラにしては大き過ぎる。口の中に入れてみると、柔らかく煮てあるが、やはりオクラだ。奥の方に仄かな苦味の様な締りを感じる。
帰って調べてみると、オクラも色々有るようで、サイズの大きなオクラは、「ダビデの星」と言う品種が有るそうなので、それかも知れない。


<おつまみ4点盛り>

20230903_120600.jpg
次は、おつまみの4店盛りが登場した。
色々なものが一度に登場するとこれは何だろうと、食べる前に目で楽しむことができる。

・鮎の昆布締めと伊達巻

20230903_120621.jpg

達巻は普通の伊達巻で、甘く、ふんわりとした食感。

昆布巻きは、薄味の出汁と柔らかく煮込まれてホロホロとした食感の昆布。真ん中の鮎は、サラリとして旨味だけ感じる。


・牛蒡と人参のきんぴら

20230903_120912.jpg


甘い薄味のきんぴらで、人参と牛蒡のカリカリ、コリコリとした食感は残されている。噛んでいると胡麻の風味を感じる。

・鮎の揚げ浸し

20230903_120925.jpg


鮎を揚げて確りとした食感にして甘酢に漬けてある。
人参はカリカリとした食感。
鮎は口の中に入れると甘酢の味わい、噛んでいると、次第にじんわりとした時間差で鮎の旨味が出てくる。

これは、房島屋のパンチの有る酒にも良く合った。
肴としてお気に入りになった。


・鮎の一夜干し

20230903_120935.jpg


味醂干しにしてあるようで、口の中に入れると、甘さを感じる。
鮎は肉の部分は勿論美味しいが、頭の部分を除いて、骨も噛んでいると骨の旨味が出てきて、鮎全体を味わうことができる。


<鮎の刺身のみぞれ和え>

20230903_124857.jpg


ワイングラスに入った料理が運ばれてきた。
テーブルの隅で簡単な説明があったが、聞き取れなかった。
見ただけでは、何か良くわからない。
食べて舌で理解するしか無い。


口の中に入れると、鮎の切り身を大根おろしと一緒に甘酢で和えてある。
鮎は表面だけ炙ってあるかも知れないが、食感は刺し身の食感だ。
大根おろしと甘酢に洗われて、川魚とか魚の臭いは全く感じない、上品な旨味だけ取り出されている。
鮎専門店の料理と思った。


<鮎の塩焼き>

20230903_125747.jpg


香りは川魚の香りはなく、香ばしい香り。
味わいも癖がなく、淡白な味わい。押し付けがましさがない。
軽い香りと癖のない旨味が純米大吟醸によく合った。


<鮎のコンフィ>

20230903_131037.jpg


鮎のコンフィは、下味を付けた鮎をオリーブオイルに漬けて、長時間低温加熱(100度くらいの低温で4から5時間)したもの。
長時間の低温加熱で頭・骨まで柔らかくなり、丸ごと食べることができる。

味わいは、甘辛では無く、ふんわりとした旨味。
積極的な味付けはせず、頭から骨、身まで、鮎そのものの味をシンプルに味わうことができる。


<焼鮎のひやし素麺>

20230903_131741.jpg

半熟卵、ヤングコーン、京生麩、ミニトマト、モロヘイヤの冷やしものの上に鮎がトッピングされている。
見えないが、一番下に素麺が隠れている。

味・食感の異なるものが、取り合わされているので、意外性が有って面白い。上のものを食べ終わると、底から素麺が登場するので、これが冷やし素麺の料理であることが判る。

半熟卵はトロトロ
ヤングコーンはシャキシャキ
京生麩は柔モッチリ
みにとまとの湯剥きは、甘くフルーティ
モロヘイヤは、ネバネバ、ツルツル
濃い目の味の出汁は、素麺が登場して味の意味が判る。


<鮎の赤煮>

20230903_135622.jpg


20230903_135627.jpg


写真では焦げ茶もしくは黒に見えるが実際は濃い赤の汁で煮てある。

見た所長く煮込まれている様に見えるが、実際は普通の煮物で、コンフィの様に頭から食べることは出来ず、身だけいただく。
味は濃いが、甘く、キレの良い旨味で、雑味がなく、上品な鮎の旨味を味わうことができる。
見かけとは違い、スッキリとした後味だ。

この煮汁は、複数の溜を使い、鮎を煮た後の煮汁を保存時、次回また使用する。これを繰り返してきて、今の味になっているとのこと。
 この店でしか味わうことが出来ない味わいだ。


<鮎のフライ>

20230903_142926.jpg


鮎の丸ごと料理の最後は揚げ物で、鮎のフライ。
パリパリとした食感。
これも殆表立った味付けはない。
レモンと塩が添えてあるが、使うかどうかは、人に任されている。
あゆそのものの素材の味・旨味を味わう作りになっている。



<鮎茶漬け>

20230903_145425.jpg


20230903_145431.jpg


薄味の出汁の茶漬け。
口に含むと薬味の香りが立つ。
鮎は焼いてほぐしてあるのだろうか。
生臭さは全く無く、何か香ばしいような鮎の身の香りが生きている。

20230903_145444.jpg

漬物は、白菜、長芋、奈良漬けの3種。
白菜はカリカリとした食感、味は塩味。
長芋は、ピリリと辛い。
奈良漬けは瓜ではなく大根だった、粕漬と言ったほうが良いかも知れない。大根の甘味、旨味がある。


<デザートとお茶>

20230903_151540.jpg


20230903_151545.jpg


フルーツは、いちじく、柿、巨峰。
緑の薬味はペパーミント。

いちじくは、トロトロの食感、甘さと香り。
柿は、まだ熟していない柿でアッサリとした甘味とシャキシャキの食感。
巨峰は、甘い香りと、甘酸っぱい味、シャキシャキとした食感。

食べていると、ペパーミントの甘い香りが漂う。


20230903_151550.jpg

緑茶。
まったりとしたふくらみが喉をすぎると、口の中が浄化され、リセットされる。
日本人には、お茶が一番だ。





2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

  コロナ感染騒ぎが始まって、夜、外で飲む機会は激減した。今日は、岐阜の酒の中島屋主催の酒宴が開催され、会場が人気店の手酌割烹てら田なので、一瞬悩んだが、参加申し込みをした。JR東海道線で岐阜駅に着く。以前は、機会のある都度、駅前の金色に輝く信長公に拝謁する習わしだったが、久しぶりに拝謁をお願いすることになった。18時を過ぎると夏近いとは言え、駅前には夜の帳が近づいていた。暗い中でも、信長公は燦然...

… 続きを読む

 


コロナ感染騒ぎが始まって、夜、外で飲む機会は激減した。

今日は、岐阜の酒の中島屋主催の酒宴が開催され、会場が人気店の手酌割烹てら田なので、一瞬悩んだが、参加申し込みをした。

JR
東海道線で岐阜駅に着く。
以前は、機会のある都度、駅前の金色に輝く信長公に拝謁する習わしだったが、久しぶりに拝謁をお願いすることになった。

18
時を過ぎると夏近いとは言え、駅前には夜の帳が近づいていた。
clip_image002[4]

暗い中でも、信長公は燦然と輝いて居られる。
clip_image004[4]

信長公もマスクで防御されておられるので、コロナなどに負けるものではない。

clip_image005[4]

ご拝謁を終え、駅前の今日の宴の会場手酌割烹てら田さんに、向かった。


【今日のお酒】

この酒宴は、主催者の酒の中島屋店主のテーマによって出品酒がグループ化され登場する。

テーマに沿って、各銘柄を利き比べ、検討することが出来る。

そのシナリオは、受付時に配布される「利き酒メモ」に記載されているので、利き比べ中も、酒宴が終わった後もデータとして利用できる。

今日のテーマは、以下の通り、5つ。
お酒は、14銘柄になっている。


<乾杯>
・玉川アイスブレーカー純米吟醸無ろ過生原酒

<夏のお酒>
・芳水 土用酒 吟醸生貯蔵
・新亀 純米 ライト生酒
・白岳仙 夏虫 純米吟醸 生
・開運 涼々 特別純米

<個性派純米酒飲み比べ>
・鯨波 純米吟醸 袋吊り
・長珍 純米60 無濾過生原酒 
・墨廼江 純米大吟醸 八反錦 
・四季桜 純米吟醸

<今日の贅沢 吟醸酒 飲み比べ>
・日高見 純米吟醸 吟のいろは
・小左衛門 純米大吟醸 黒ラベル
・蓬莱泉 吟 純米大吟醸 限定生

<熟・醇を飲む>
・玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒
2019
7月詰 冷蔵三年熟成
・手取川 大吟醸 全国新酒鑑評会入賞酒
2005
6月詰 詰後冷蔵12年熟成

今日の出品酒の勢ぞろい
clip_image007[4]
(玉川アイスブレーカーの3年熟成を入れ忘れたので、13本になっている。
玉川のラベルは3年熟成も同じである。)


以下、出品酒の印象を記載しているが、個人の嗜好による印象なので、客観性はないことを予めご承知をお願いしたい。

<乾杯>
先ずは玉川で乾杯。

・玉川アイスブレーカー純米吟醸無ろ過生原酒
clip_image008[4]

clip_image009[4]

clip_image010[4]
立香はフルーティーな香り。吟醸香というより甘い香り。 甘い入り口、酸は大きくは膨らまないが、滑らか。中盤、辛味のパンチがあり、この酒の主張を感じさせる。後半の切れ良い。ふんわりとした甘みの追いかけも感じる。


<夏のお酒>

・芳水 土用酒 吟醸生貯蔵
clip_image011[4]

clip_image012[4]

clip_image013[4]
立香はあまり感じない。すっきりとした入口、とろりとした舌触り。酸は透明でなめらか、味わいの押し付けはなく、穏やかな味わいになっている。後半の切れ良い。食中酒として適性を持っている。


・新亀 純米 ライト生酒
clip_image014[4]

clip_image015[4]
立香はあまり感じない。 甘い入り口、味わいはバランスよく纏まっている。すっきりとした飲み口で、酸は広がりはないが、中程度の広がり、程の良さを感じさせる、バランスの良いのが身上と思われる。後口も良い、食中酒として幅広い料理に合いそうだ。


・白岳仙 夏虫 純米吟醸 生
clip_image016[4]

clip_image017[4]

clip_image018[4]
立香はあまり感じない。トロリとした舌触り。なめらかな酸、透明感を感じる。味わいはすっきりとして切れも良い。


・開運 涼々 特別純米
clip_image019[4]

clip_image020[4]

clip_image021[4]
立香は甘い香り、ほのかな香りだが、独自の個性を感じさせる香りのような気がする。甘い入口、トロリとした舌触り。酸は大きさを感じる。含み香は吟醸香が軽く漂う。後半、軽い渋味と辛味が味を締めている。


<個性派純米酒飲み比べ>

・鯨波 純米吟醸 袋吊り
clip_image022[4]

clip_image023[4]

clip_image024[4]
立香は、軽くて甘い吟醸香。甘い入口。酸は中程度でなめらか、辛味が後を追い、味を締める。含み香も吟醸香。後半、苦味が味を締める。残り香も吟醸香の余韻。


・長珍 純米60 無濾過生原酒 
clip_image025[4]

clip_image026[4]
立香はほのかに甘い香り。甘い入口、その後スーッとする酸を感じる、発泡感だろうか。中盤以降スッキリとして切れる。酸の切れの良さと爽やかな味わいが身上の酒。


・墨廼江 純米大吟醸 八反錦 
clip_image027[4]

clip_image028[4]

clip_image029[4]

clip_image031[4]
立香りは軽く甘いもの。 甘い入口。トロリとしている滑らかな酸の後に軽い苦味を感じる。中盤やや重い感じがするが、味のバランスは良い。


・四季桜 純米吟醸
clip_image032[4]

clip_image033[4]
立香は甘い。 甘い入口、すぐ辛味が続き、やや重い感じの酸はすぐ終わり、広がりはあまり感じない。渋味と苦味が続く。中に集まる傾向があり、少し広がりが欲しい世界だ。



・日高見 純米吟醸 吟のいろは
clip_image034[4]

clip_image035[4]

clip_image036[4]
立香は程良い吟醸香。上品な印象を感じさせる。甘い入口、酸は広がり過ぎず、その後辛味が押してくる。含み香は吟醸香。味のバランスは良い。後口は辛味系でピリリとした味わい。
ぬる燗:味わいが軽やかになるが大きくは変わらない。


・小左衛門 純米大吟醸 黒ラベル
clip_image037[4]

clip_image038[4]

clip_image039[4]

clip_image040[4]
立香は甘くスッキリとした香り。甘い入口。酸はトロリとして膨らみがある。含み香も吟醸香。上品さの中に押しも感じさせる。こだわりの世界を感じる。良いと言うか上級者向けの世界だと思う。
ぬる燗:立香は、吟醸香。甘く広がり、スーッと広がり消えて行く、上品さの中に切れの良さも感じる。


・蓬莱泉 吟 純米大吟醸 限定生
clip_image041[4]

clip_image042[4]

clip_image043[4]
立香はほのかに甘い、明確な吟醸香は感じない。味わいはバランスが良く旨味を感じさせるもので確りとした世界を感じさせる。甘・酸・辛・苦・渋の味の主張に個性を感じさせるのではなく、味のバランスの中に旨味を感じさせる味わい。


<熟・醇を飲む>

・玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒
2019
7月詰 冷蔵三年熟成

clip_image044[4]
(この写真は、2021年のアイスブレーカーを表示している)

乾杯酒のアイスブレーカーと比べると香り、辛味のパンチが丸くなり、滑らかさが出るような印象だが活発な印象は新酒と大きくは変わらない。 冷蔵三年熟成だが、この酒もう少し寝かせた方が、より熟成する余力を持っている印象だ。


・手取川 大吟醸 全国新酒鑑評会入賞酒
clip_image045[4]

clip_image046[4]

clip_image047[4]
2005
6月詰 詰後冷蔵12年熟成
12
年の熟成酒だが、老香とかの嫌な香りは全くない。穏やかな快い香りを感じる。トロリとした舌触りで、熟成酒特有の肌理の細かさを感じる。含み香も老香等の香りは無い。
熟成酒の良さを感じさせる香りと味わいになっている。 日本酒も管理が良ければ長期熟成をさせる事が可能である事を感じさせる味香の実例と言える。



<出品酒 覚書>

・人気の玉川アイスブレーカー2021年と2019年の利き比べ
人気の玉川の印象は、香りが甘くフルーティーで、酸は滑らかで入りやすいが、その後中盤の辛味にパンチ力がありアイスブレーカーの存在感を感じさせる。
 2019年の3年熟成も舌触りの滑らかさ、辛味の丸みなど熟成らしさも感じるが、まだまだ活発で、3年ではまだ熟度が足りない印象、5年、10年などのアイスブレーカーの熟成を利いてみたいと思う。

・夏の酒4酒は、玉川の後なので一層感じたのかもしれないが、味のバランス、味わいの穏やかさがあり、偏り・癖がないので、相手を選ばない食中酒としての適性を感じた。
どの酒も、様々な肴を邪魔すること無く、相手を引き立てる力を持っている印象だ。
 白岳仙はこの処、香りを抑え味の主張を追求する方向性を感じていたが、今日の夏虫は主張し過ぎず、軽く綺麗に終わる印象を受けた。

・個性派純米酒4
 鯨波袋吊りは、香りが好きな人にはお勧め、立香から含み香、残り香に至るまで吟醸香を楽しむことが出来る。
 長珍純米60新聞紙は、久しぶりに飲んだが、良かった。開栓直後は、すーっと鼻に抜ける酸の発泡感のような爽やかさがあり、酸の切れもよく、爽快。時間の経過とともに、酸が落ち着き厚みを増し飲み応えが出る。
 同じ酒で2
度楽しむことが出来る楽しみが多い酒だ。

・吟醸酒3
 日高見、小左衛門、蓬莱泉それぞれ、目指す所が異なるが、それぞれ所を得ていた。
 日高見は、純米吟醸だが吟醸香、味のバランスが良く上品さを感じさせる。後口もピリッとして終わり、後口の演出が良い。価格を考えると、コストパーフォーマンスが良い。
 小左衛門は、酒の中島屋さんでの扱いが一時無かったと思うが、今日の黒ラベルは良かった。立香、舌触り、膨らみ、含み香、切れなど上級酒の世界が提供されており、間違いのない酒だ。
 蓬莱泉の吟は、人気の蓬莱泉の最上級酒。純米大吟醸なのだが、香り立つ吟醸香とか切れの良い爽やかさの世界ではなく、蔵で3年冷蔵熟成され出荷されている熟成の生酒なので味のバランス・厚み・密度に隙がない世界を実現している。
 評価が難しい面もある。鯨波袋吊りの後に飲んだりすると、何これ香りが立たないじゃないのっといった印象になりかねない。飲む人を酒が選ぶ酒と言ったほうが良さそうだ。

・熟成酒2
 玉川3年熟成については、先に書いた通り、まだまだ活発なので、もう少し寝かせてみたい。
 手取川大吟醸12年熟成酒。これは、ここでしか味わえない一期一会のお酒と言って良い世界だった。
 香りも熟成酒にありがちな老香とか刺激性の香りはなく、穏やかな快い立香が漂い、舌触りの肌理の細かさは12年の歳月が作り出すもので、日本酒にもビンテージの世界があることを理解できる貴重な酒だった。




2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

今日の酒宴の楽しみは、様々な趣向の銘酒に加えて、手酌割烹てら田の料理がいただけることだ。 この取り合わせは、個人的に設定するのは、困難と言って良い。 他のことを考えず、参加した理由は、其処にある。【今日の料理】てら田の料理は、やはり良かった。今日のお品書きは、大きく言えば9品。前菜を細かく分ければ、17品のコースになる。銘酒との取り合わせを考えれば、楽しみは無限に広がる感じだ。<今日の品書き>1.本日...

… 続きを読む


今日の酒宴の楽しみは、様々な趣向の銘酒に加えて、手酌割烹てら田の料理がいただけることだ。
 この取り合わせは、個人的に設定するのは、困難と言って良い。
 他のことを考えず、参加した理由は、其処にある。

【今日の料理】
てら田の料理は、やはり良かった。

今日のお品書きは、大きく言えば9品。
前菜を細かく分ければ、17品のコースになる。
銘酒との取り合わせを考えれば、楽しみは無限に広がる感じだ。

<今日の品書き>
1
.本日の前菜

・峰岡豆腐、ホタルイカ燻製
・桜えびと青菜のお浸し
・鳥松風 、筍旨煮、苺蓮根
・稚鮎甘露煮
・あん肝バター焼
2
.たいら貝と海老とウニのジュレがけ山椒の芽添え
3
.蟹味噌の茶碗蒸し
4.
お造里
5.
海老真薯(えびしんじょ)薬味は塩とレモン
6
.サクラマスのレア・カツのトマトジュレ 山椒の芽添え
7
.牛の赤身のローストと茄子の唐揚げのしゃぶしゃぶ
8
.食事 握り寿司三貫と浅蜊の味噌汁
9
.デザート 杏仁豆腐



1
.本日の前菜
着席すると、目の前には蓋付きの塗箱が置かれている。
蓋の上には本日の前菜の内容を記した品書きが置かれている。これは、ありがたい。

clip_image002

蓋を取り、前菜の全体を見る、楓の若葉に桜えび、蛍烏賊、筍など季節を楽しむ食材が、目に入る。
clip_image004

玉川アイスブレーカーのお猪口を挙げ、全員で乾杯を唱和すれば、美酒と美味の織りなす饗宴の始まりだ。

先ずは、順番通り、峰岡豆腐から行こう。

・峰岡豆腐、ホタルイカ燻製
clip_image006
 峰岡豆腐は、トロリとした舌触り、ネットリとして舌に纏わりつく食感。味はふんわりとした旨味がある。
 ホタルイカはイカの旨味がしっかりと閉じ込められていて、食べていると口の中にイカの燻製の香りが漂う。


・桜えびと青菜のお浸し
clip_image008
 桜えびは香りはあまりなくスッキリとした旨味だけの味わい。
 青菜のお浸しはサクサクとした食感、出汁の旨みが口の中に残る。青菜の食感が丁度良い感じで、口の中がサッパリとする。


・鳥松風 、筍旨煮、苺蓮根
clip_image010
 鳥松風は、トロリとした食感、甘みと旨味がその中にある。
 筍旨煮は 、サクサクの食感、噛んでいるとじわりじわりと筍の旨味が広がる。
 苺蓮根は、蓮根のカリカリとした食感、苺の香りはあまり感じないが、ふんわりと漂う印象がある。


・稚鮎甘露煮
(稚鮎は、筍と楓の若葉の下に潜んでいる。)
clip_image012
 確りとした食感だが、硬くはなく適度な硬さがあり食べ応えがある。 入口は甘いが噛んでいると口の中にじんわりと稚鮎の旨味とほのかな苦味が広がってくる。甘露煮の技術の高さを感じさせる逸品だと思った。


・あん肝バター焼
clip_image014
 食感はホロリとしている。口の中で次第に広がり、溶けていく、それに連れて旨味がふんわりと徐々に広がり大きな旨味の広がりを作り出す、その過程が楽しい。
 香ばしさのある含み香も程よい感じ。美味しい。

2
.たいら貝と海老とウニのジュレがけ山椒の芽添え
clip_image016
たいら貝の大きな殻が、お皿として使われている。

clip_image018
ジュレはとろりとして甘酸っぱくフルーティーで、さっぱりとしている。
 
海老と平貝の貝柱の下にある黄色いソースは卵の黄身だそうで、甘酸っぱいジュレに柔らかくまったりとした味わいを与える効果を持っている。
海老は茹でてあり、ジュレの甘酸っぱさの後、海老の旨味と香りが引き継いで出てくる。
 たいら貝の貝柱はサクサクとしながらトロリとする独特の食感である。


3
.蟹味噌の茶碗蒸し
clip_image020
見たところ普通の茶碗蒸し。
蓋を取ると想定外の料理に、目が留まってしまう。

clip_image022
 熱い茶碗蒸しの上に凍らせた蟹味噌の出汁が乗せてある。
 下の茶碗蒸しの中には蟹の身がたっぷりと入っている。

時間とともに冷凍の蟹味噌の旨味が茶碗蒸しと合わさって蟹味噌と蟹の身と茶碗蒸しの玉子の旨味の三味が合体し始める。そこで旨味の大きさが飛躍する。

 
この茶碗蒸し一椀あれば、お酒はいくらでも飲めるほどの旨味が充満していると思った。


4.
お造里
clip_image024
左より、サクラマス、鰆の塩焼き、鮪のトロ、鯛の昆布締め、蛍烏賊

clip_image026

clip_image028


 サクラマス  トロリとした舌触り、じんわりと旨味が感じられる。 生臭さはまったく感じない。

 鰆の塩焼  サクサクとしながらしっとりとしている食感。鰆の旨味が強く感じられる。旨味の強い鰆の世界を楽しむことが出来る。

 鮪のトロ 文字通りトロトロで、舌の上でとろける滑らかな旨味。次第に旨味が完成する。
 
 鯛の昆布締め 昆布の旨味とトロトロの舌触りから始まり、その後鯛の旨みが尾を引き、長く旨みが楽しめる筋書きになっている。

 
蛍烏賊 口に入れるとはサッパリとしているが、蛍烏賊の小さな身体中には旨味がいっぱい詰まっている。
  

5.
海老真薯(えびしんじょ) 薬味は塩とレモン
clip_image030

clip_image032

clip_image034
 薬味が塩とレモンと2種類用意されているのでそれぞれ味を試してみた。
 レモン:  ふんわりとした食感。噛んでいると旨味が上品な甘さと旨味の方に広がって行く。
 塩  : 味わいはレモンと変わらないが、旨味が強く深くなると感じた。

 旨味なら塩、レモンなら爽やかさが感じられると判った。


6
.サクラマスのレア・カツのトマトジュレ 山椒の芽添え
clip_image036

clip_image038
 サクラマスのカツはカリカリの食感。トマトのジュレソースは、ほのかに甘く上品な甘みがある。
 トマトはさっぱりして口を爽やかにする。


7.牛の赤身のローストと茄子の唐揚げのしゃぶしゃぶ
clip_image040

clip_image042

clip_image044
しゃぶしゃぶのタレは、日本酒と赤ワインとわさびで作られているそうで、トロリとして甘味がある。

 牛肉の赤身のローストは、パサパサせずジューシーな柔らかい食感で、噛んでいると、牛の旨味が出てくる。
 茄子は甘くとろりとした食感。茄子の味は、出汁とバターの香ばしい風味で美味しい。


8.食事 握り寿司三貫と浅蜊の味噌汁
clip_image046

clip_image048
 握り寿司は、
 鮪赤身: ネタが大きく、口の中にたっぷりとした充実感。
 サーモン: トロリとした食感で、寿司ネタとしてサーモンの人気が理解できる。
 平目白身: シコシコの食感が楽しめ、上品な旨味が糸を引くように消えていく。

浅蜊の味噌汁
clip_image050

clip_image052
 浅蜊の味噌汁 味噌汁は合わせ味噌のサッパリとした味わい。浅蜊の身を噛むと旨味が味噌の旨味を追いかける。


9.デザート 杏仁豆腐
clip_image054
 トロリとした舌触りの後ねっとりとした食感があり、ツルツルとした中華の杏仁豆腐とは舌触りが違う。軽く甘いすっきりとした味わい。
 残り香がミルキーで、洋風の杏仁豆腐と言った方がわかりやすいかも知れない。
中華風の杏仁豆腐より、この杏仁豆腐を食べたい。




2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

【感想】1.コロナ感染がまだ収まっては居ないが、政府はウイズ・コロナへ舵を切ろうとしている。 確かに、コロナ拡大を防止するには人と人との接触を限りなく減らさなければならない。しかし、自粛も3年目に入ると、弊害が表面化している。 出来事で言えば、芸人上島竜兵の自死が象徴的だ。本当の理由は本人しか知らないが、仕事の面ではコロナのために、チューをしたりするギャグ使えなくなり、真ん中に透明な板を置く対応に...

… 続きを読む


【感想】

1.コロナ感染がまだ収まっては居ないが、政府はウイズ・コロナへ舵を切ろうとしている。
 確かに、コロナ拡大を防止するには人と人との接触を限りなく減らさなければならない。しかし、自粛も3年目に入ると、弊害が表面化している。
 出来事で言えば、芸人上島竜兵の自死が象徴的だ。本当の理由は本人しか知らないが、仕事の面ではコロナのために、チューをしたりするギャグ使えなくなり、真ん中に透明な板を置く対応になるが、これではギャグにならない。また、私生活では後輩たちとの親睦会「竜兵会」が自粛のために開けなくなり、寂しいと言っていたそうだ。
 3年前とは違う、ワクチンを3回打っているから、ウイズ・コロナでいけるだろう、今では自粛の弊害を避けることも必要だ。
 感染対策をすれば、夜の宴も許されるのではないか。

その様な、状況下で、この酒宴のご案内を頂いた。
美酒とてら田さんの美味の宴があれば、たとえ夜だとしても、出席するべきだと考えを改めた。

2.今日の酒の感想
 個々の酒の印象は、記事(その1)の通りだが、付け足したいことを書く。

テーマ<夏のお酒>4酒は、それぞれ味のバランスが良く、味わいも穏やかな酒だったので、暑い時期でも、食中酒として楽しむことが出来ると感じた。

テーマ<個性派純米酒飲み比べ>では、
鯨波と長珍が印象に残った。
鯨波は、吟醸酒にたっぷり浸りたい人にはお勧めのお酒。手間のかかる袋吊りのお酒なのだが、価格はリ-ズナブルで、他の純米大吟醸より吟醸香を楽しむことが出来る。

長珍の新聞紙は、久しぶりに飲んだが、流石に長珍、酸の切れが素晴らしかった。
 発泡感を感じさせるような爽やかな味わいと酸の切れが相俟って長珍らしさ全開だった。

テーマ<今日の贅沢 吟醸酒 飲み比べ>では、
価格帯が異なる3酒だったが、それぞれ所を得て、自分の世界を持っているお酒だった。

日高見は、価格帯はリーズナブルな純米吟醸だが、品の良さを感じさせる世界を持っていて、香り、味わい、後口の切れなど、純米大吟醸クラスのレベルを持っている。

小左衛門黒ラベルは、香り、味わい口当たり、どれも拘りを感じさせる出来で、上級志向の人も満足できる本格的純米大吟醸と言える。
 担当幹事さんが、敢えて純米大吟醸をぬる燗にして、飲ませていただいたが、これが素晴らしかった。立香の吟醸香と中盤の品の良い味わいと押しの後、終盤にかけて広がりスーッと消えていく余韻が気持ち良さを誘った。
 冷やしてもぬる燗でも、両方行ける、純米大吟醸だ。

蓬莱泉の吟は、重厚な酒だ。純米大吟醸を敢えて3年寝かして、余分な香りと味を消して、快い含み香と確りとした厚い味の厚みを取り出している。
 ブラインドで日高見と利き比べをすると、人によっては日高見に軍配を上げると思うが日本酒を飲み込んだ人は、吟の重厚さに軍配を上げると思う。

日本酒は難しくて、だから楽しい。

テーマ<熟・醇を飲む>
玉川アイスブレーカーは、今日は2021BY2019BYの飲み比べだった。
 アイスブレーカーの元気さパンチ力は3年でもまだまだ十分だった。5年でもまだだろう。10年、20年の熟成酒がどの様な世界を味あわせてくれるか、いつの日か利いてみたいと思う。

手取川の大吟醸の12年熟成。この酒の中島屋さんの酒宴でしか味わうことの出来ない一期一会の酒だった。
 家庭用冷蔵庫では12年の熟成は、難しいだろう。
この舌触りの滑らかさ、肌理の細かさは、適正な冷蔵保存と長い歳月でしか実現できないものだと思う。
 次はいつ登場するかは判らないが、いずれまた次のスターが登場することだろう。コロナ騒ぎが終われば、夜の酒宴にも出なければ...


3.全体としての感想

 手酌割烹てら田の拘りの料理を肴にして、全国の美酒をとっかえひっかえ利き比べると言うのは、考えてみれば贅沢なことだ。当然のことだが、個人で出来ることではない。
 酒の中島屋さんの選ばれた銘酒とてら田さんの創意溢れた美味が揃って初めて入ることが出来る世界だ。
 両店に感謝する他は無い。 次の機会をまたよろしくお願いしたい。





2021-12-19 (Sun)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1)

岐阜の酒の中島屋さん主催の酒の会に参加した。通算第368回の長い歴史を持つ宴だが、コロナの自粛の影響で中止を余儀なくされていた。漸く前回から再開されたばかりだ。コロナが少し落ち着き、年末最後の忘年会が開催されることになったので、申し込みを済ませた。その日が来たので、喜び勇んで岐阜市に向かった。岐阜駅では毎回信長公にご拝謁することが習わしになっている。駅を出ると、駅前広場ではイベントが開催されていた。...

… 続きを読む


岐阜の酒の中島屋さん主催の酒の会に参加した。
通算第368回の長い歴史を持つ宴だが、コロナの自粛の影響で中止を余儀なくされていた。漸く前回から再開されたばかりだ。

コロナが少し落ち着き、年末最後の忘年会が開催されることになったので、申し込みを済ませた。

その日が来たので、喜び勇んで岐阜市に向かった。
岐阜駅では毎回信長公にご拝謁することが習わしになっている。

駅を出ると、駅前広場ではイベントが開催されていた。

clip_image002
足下まで、近づきお目通りは今日は難しいので、遠くからお目通りさせていただくことにした。

clip_image004
寒い日だが、信長公は今日も光り輝いておられる。


例年12月の例会は、日曜日の昼に開催されるのでありがたい。
 今日の会場は、久し振りに楮本店となった。

金公園の前の楮本店は、歩いても10分ほどのところだ。
clip_image006

clip_image008
店の前には、本日貸し切りと表示されている。
楮本店は日曜日休業なので、今日は特別に営業をしていただいたはずだ。中島屋さんとの特別な関係があってのことだろう、ありがたいことだ。

店の前に立つと、中から話し声が聞こえる。
もう参加者は集まっているようだ。


中に入り、会費を支払い、受付を済ませ、席につく。
楮本店は久し振りなので、その間に店内が改装され広く見通しの良い空間が広がっていた。

座ってから、受け取った今日の「利き酒メモ」を見る。
どんな酒と出会えるか期待の一瞬だ。

「利き酒メモ」には、今日の出品酒の一覧と利き酒の心得が書かれ、今日の宴の趣向が書かれている。

clip_image009

今日の出品酒は、20酒がリストアップされている。
20
酒は多い。

乾杯から始まり、しぼりたて、今日の参加蔵である恵那山、個性派純米酒、贅沢な吟醸酒、歳月を得た熟成酒と順を追って利き比べるシナリオになっている。

clip_image010


clip_image011


clip_image012

定刻の12:00になり、主催者の中島屋西川店主の開会の宣言があった。
 時間は15時までの3時間、お酒は20酒、一人あたり6合の量があるので、急がず、ゆっくりと、銘酒と料理を楽しむようにアドバイスが有り、宴が始まった。

この宴は、お酒を利き比べするのだが、良いところを見つける利き比べで、評点をつけることはしない。
 お酒を楽しむことが目的になっている。

(以下、利き酒の印象を書くが、筆者の個人的な嗜好によるもので、客観性はない。
 また、カメラを新しくしたためまだ慣れていないので、手ブレを引き起こしている点ご了解お願いしたい。)


《 今日のお酒 》

<乾杯>

最初のコーナーは、先ずは乾杯のコーナー。

今年も健康で日本酒を楽しめることに感謝、来年はコロナが収まり、心置きなくお酒が楽しめる年になることを念じて、参加者全員で乾杯!!
お酒は玉川。

(1)
 玉川 てつけず 純米 日本晴 木下酒造 (京都)
clip_image014

clip_image016

 冷: 甘い立香、甘い入り口。滑らかな舌触り。

甘、酸、辛、苦、渋の味がぎっしり詰まっている。
味の濃い酒。

ぬる燗:立香が出て立つ、麹の香りを感じる。
味わいは濃いのは変わらない。

木下酒造の酒は、新酒でも味は濃く、旨味いっぱい。 玉川らしい新酒だ。


<新酒しぼりたて>飲み比べ
搾りたてのピチピチした新酒を5酒楽しむコーナー。

(2)
 白岳仙 搾立 純米 しぼりたて生原酒 安本酒造 (福井)
clip_image018

clip_image020

立香はあまり感じなかったが、周囲ではカビ臭い・埃り臭いなどの評価があった。


甘い入り口、とろりとした舌触り、味が濃い。真ん中に辛味があり、しっかりとした味わい。含み香は麹香のようなもの。

個人的には、白岳仙は吟醸酒を得意とするお酒の印象だったが、ここ数年味わいを多様化させているようで、白岳仙をよく知っている人には、気になる変化であるかもしれない。


(3)
 清泉 純米吟醸 しぼりたて生酒 久須美酒造 (新潟)
clip_image022

clip_image024

clip_image026

 立香は、ほのか。甘い香り。吟醸香も感じる。

酸が軽く広がる。前の2酒の味が濃いので、この酒は軽く感じるが、広がり、大きさがあり含み香も穏やか、吟醸らしい世界を感じる。


(4)
 東一 純米 山田錦 うすにごり生酒 五町田酒造 (佐賀)
clip_image028

clip_image030

にごり酒。立香は甘く穏やかで快い。辛味が真ん中にあり味が濃い。麹の味わいも感じる。味わいに癖がなく、広がりがあり、快い世界である。

この酒は良い酒だ。

お燗はふくらみが大きくなる。


(5)
 松の司 純米吟醸 あらばしり 松瀬酒造 (滋賀)
clip_image032

clip_image034

 立香はあまり感じない。甘い入り口。辛味があり、やや含み香に癖を感じる。広がりは無く、味が中に集まる印象。 味わいに松の司の個性があり、人を選ぶ味わいと思う。


松の司ファンには納得の世界だ。


(6)
 菊姫 山廃純米 無濾過生原酒 菊姫合資 (石川) 
clip_image036

clip_image038

立香は甘い。甘い入り口。滑らかな舌触り。酸と辛味がしっかりと味を作っている強い世界。確りと濃い味を主張している。中盤以降、後半の切れは良い。

菊姫は、農口杜氏が卒業されてから、少し精彩を失っていたような印象を感じていたが、今日の酒は良かった。確かな味の旨い酒だ。


<恵那山のお酒>利き比べ
 今日の参加蔵はざま酒造の吟醸酒4酒の利き比べ。
 蔵から参加された蔵人・営業担当のI氏の挨拶と恵那山の説明があった。

(7)
 恵那山 チアーズ純米大吟醸 山田錦 新酒生 はざま酒造 (岐阜)
clip_image040

clip_image042

clip_image044

 甘い立香、吟醸香を感じる。 甘い入り口。含み香は吟醸香で、程が良い香りである。 酸はとろりとしているが、広がりはなくややどんよりとしている印象だが、中盤以降は苦にはならない。

 味のバランスは良く、山田錦らしい品の良さがある吟醸酒らしい世界。


(8)
 恵那山 チアーズ純米大吟醸 長野美山錦 はざま酒造 (岐阜)
clip_image046

clip_image048

clip_image050

甘い入り口。酸は中程度、広がらない。含み香は吟醸香。中盤、苦味・渋味と辛味の押しがあり主張を持っている。

 (7)の山田錦に比べると、味わいにやや癖を感じる。


(9)
 恵那山 チアーズ純米大吟醸 ひだほまれ はざま酒造 (岐阜) 
clip_image052

clip_image054

clip_image056

甘い入り口。酸はあるが広がり・大きさはあまり大きくはない。含み香は吟醸香。
 味わいがやや中に集まる感じ。含み香の吟醸香が長く続き、少し気になる。


米違いの純米大吟醸3酒を飲み比べたが、ふくらみ、味の品の良さで、やはり山田錦が一番良かった。
これは、個人的に山田錦が好きだからとも言える。

3酒とも1800mlの価格は、3000円だそうだ。
価格を聞いて、驚かされた。
 山田錦の純米大吟醸が3000円で飲むことができる。

この価格設定の背景は、以下の通りだそうだ。
『◆蔵元より
 新しい生活様式の中で徐々に人の動きが出てきておりますが、感染状況は日々変化し、それに合わせるかのように消費行動も変化し、大変厳しい状況が続いています。

Cheers
(チアーズ)という言葉には乾杯という意味に加えて応援するという意味もあると言われています。コロナ禍の中で日本でも先の見えないこんな時だからこそ、普段から恵那山をお飲み頂いている皆様、お世話になっている酒販店様、飲食店様を応援したい。

そして何より日本酒をお飲みいただくことで、恵那山に関わる皆様に笑顔になっていただきたい。そんな想いを込めた特別限定酒です。

◎試飲しました(2021.11.11
恵那山の新酒です!やや艶のある色合い。洋ナシや白桃の香り。含むとフレッシュで甘ジューシーですが、透明感のある甘味が爽やかに広がる。口当たりが優しくて心地良く、喉ごしもスムーズ。後口もキレイで上品な酸で引き締まります。

このスペックでこの味わいならとてもお買い得だと思います。コスパも高い美味しい純米大吟醸です。』
(酒のあべたや
https://www.abetaya.com/phone/product/1584
より転載)


(10)
 恵那山 純米吟醸 山田錦 火入れ はざま酒造 (岐阜)
clip_image058
10
clip_image060

立香は甘いもので、程良いもの。 甘くふくらみのある酸、広がりも感じられる。吟醸香の含み香も程良い。広がりがあり、大きさ・おおらかさがあって、穏やかで良い世界を持っている。


個人的には、大吟醸酒3酒よりこの純米吟醸の方が、好みだった。
 (7)の山田錦の純米大吟醸も良かったが、この純米大吟醸の方が穏やかで落ち着いた吟醸酒の世界を楽しめるように感じた。
 この純米吟醸は定番酒で、はざま酒造の看板商品らしい。確かに吟醸酒らしい良い世界を持っている。
 価格は、1800ml3300円、純米大吟醸より高いが、それは純米大吟醸が特別限定酒の位置づけで、価格も特別なのだろう。


<個性派純米 飲み比べ>

(11)
 九頭龍 純米 燗たのし 黒龍酒造 (福井)
clip_image062

clip_image064

冷:立川感じない甘い入り口からみの芯があり硬い印象がある中盤から水戸天海の芯が感じられる全体の印象として固い感じ。


お燗: 立香はアルコール臭。甘さの後ビリリとする辛味が舌を刺す感じ。広がりふくらみはなく、味わいがやや狭い印象。


(12)
 ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 超辛口 秋田醸造 (秋田)
clip_image066

clip_image068

甘い立香。すっきりとした入り口。甘さの後、酸があるが、やや重い感じ。

 中盤、苦味・渋味は浮かない、辛味中心の押しがある。後口も辛味系。

周辺でもゆきの美人にしては、この酒はと言う声があった。個人的にも吟醸酒らしい世界を持ったゆきの美人にしては味が硬い印象だった。
 日本酒度+14の超辛なので、(11)と同様、燗向きなのかも知れない。
 燗した酒はあったのかも知れないが、回ってこなかったのか、利いていない。


(13)
 夜明け前 純米吟醸 金紋錦 小野酒造店 (長野)
clip_image070

clip_image072

clip_image074

冷: 甘い入り口。酸はなめらか。含み香は吟醸香が程よい。味のバランス良い。吟醸酒として評価は高いと言える。


お燗: 立香は吟醸香。甘い入り口。スピード感のある酸。含み香も吟醸香。冷やに比べて力強さが出て、スピード感がある。面白い変化で初めての経験だ。

この酒は、個人的には良かった。
冷では、吟醸酒らしい香りと味わいのバランスが良く、安心して飲める吟醸酒。

燗にすると、酸のスピード感が出て、力強さも増して、パンチも感じる。

冷でも燗でも楽しめる二刀流だ。




2021-12-19 (Sun)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2)

<今日の贅沢・吟醸・大吟醸 飲み比べ>吟醸酒5酒の飲み比べ。清泉は看板商品の亀の翁 純米大吟醸の新酒と1年熟成酒の飲み比べ。〆張鶴も次のコーナーに出品される熟成酒との飲み比べが楽しめる趣向になっている。(14) 立山 吟醸酒 立山酒造 (富山) 立香は甘い、その後ほのかな吟醸香。甘い入り口。酸は中程度。含み香も吟醸香。中盤、辛味みがある。含み香が長く持続するのが少し気になる。(15) 〆張鶴 吟撰 吟醸酒 製...

… 続きを読む


<今日の贅沢・吟醸・大吟醸 飲み比べ>
吟醸酒5酒の飲み比べ。
清泉は看板商品の亀の翁 純米大吟醸の新酒と1年熟成酒の飲み比べ。
〆張鶴も次のコーナーに出品される熟成酒との飲み比べが楽しめる趣向になっている。

(14)
 立山 吟醸酒 立山酒造 (富山) 
clip_image002

clip_image004

立香は甘い、その後ほのかな吟醸香。
甘い入り口。酸は中程度。含み香も吟醸香。
中盤、辛味みがある。含み香が長く持続するのが少し気になる。



(15)
 〆張鶴 吟撰 吟醸酒 製造:2021-11 宮尾酒造 (新潟)
clip_image006

clip_image008

立香は上品な吟醸香が快い。甘い入り口。酸はすっきりとしてスピード感がある。中盤以降辛味が味を締める。含み香も吟醸香。

 吟醸酒らしい世界を持っている。吟醸酒として安定感のある味わいを感じる。

宮尾酒造の通年定番商品。
安定感・安心感のある吟醸酒で、これを選んでおけば吟醸酒の世界を楽しむことができる。吟醸酒を知りたい人に勧められる酒だと思う。



(16)
 瀧自慢 純米大吟醸 亀の尾 滝自慢酒造 (三重)
clip_image010

clip_image012

立香はあまり感じない。甘い入り口。酸は豊かに広がる、大きな世界を持っている。

含み香は吟醸香が穏やかな印象。
癖がない吟醸酒の世界を持っている。

裏ラベルの記載に下記の通り記載がある。
「様々な品種改良の祖となった、ブランド米のルーツ、亀の尾。南部杜氏の里として知られる地〈岩手県石鳥谷町)で、こだわりの酒米を育てる蔵人農家の高橋亮介氏より仕入れました。

盃へ注いだ瞬間はさらりとした風味も、次第にしっかりと膨らみのある味わいに。冷から常温にかけて僅かな温度変化による味の違いが楽しめます。亀の尾が食用としても愛されてきたポテンシャルを感じる、どんな食事にも合わせやすい究極の食中酒です。」

「究極の食中酒」をコンセプトにしている。
純米大吟醸を食中酒にするのは贅沢だが、確かにこの酒は、吟醸香の立香は抑えられており、含み香も適度な丈と長さで出しゃばらず、相手を引き立てる懐の深さ・余裕を感じさせる。
 おおらかさを感じさせるふくらみがあり、安心感がある。
お正月のおせち料理で穏やかに宴と言う場面には適役の純米大吟醸だと思う。



(17)
 清泉 亀の翁 純米大吟醸 製造:2019-02 久須美酒造 (新潟)
clip_image014

clip_image016

clip_image018

立香は吟醸香が立つ。甘い入り口。酸は透明感があり、見通しが良い。含み香も吟醸香が程よい。

 安定した吟醸酒の世界を感じる、安心して飲むことができる。



(18)
 清泉 亀の翁 純米大吟醸 製造:2018-02 久須美酒造 (新潟) 
clip_image020

clip_image022

立香あまり感じない。甘い入り口。酸の膨らみがあり、大きく広がる。含み香はほのかな吟醸香だが、何か香ばしさも感じる。
 尖った味わいが無く、丸く穏やかで世界は大きい、1年の熟成の差は大きい。


<清泉 亀の翁 純米大吟醸の飲み比べ>
「清泉 亀の翁 純米大吟醸」は久須美酒造の銘柄の中でも高い格付けで、1800ml8000円の価格。
蔵で18ヶ月熟成してから出荷している

(18)
(17)は製造年月が20182月と20192月と1年違う。
たかが1年だが、その味わいはかなり違う。
どちらが好きかと言われれば、どちらも好きだが、あえて言えば20182月製造の(18)が個人的には好みだ。

同じ造りの酒なのだが、味わいからすると、それぞれ他の蔵の吟醸酒に通じる世界を感じる。

吟醸酒らしい香りと透明感・スピード感・切れといった味わいでは、2019年製造の(17)(15)の〆張鶴 吟撰に近い味わいだと感じた。

吟醸酒らしい品位を保ちながら、控え目で、相手を受け入れる大きさ・度量といった味わいでは、2018年製造の(18)は、(16)の瀧自慢の大きさに通じている。
 瀧自慢が「究極の食中酒」なら(18)の清泉亀の翁は「至高の食中酒」と言って良いだろう。

お金を惜しみ無く使える人は、2022年の年酒には(18)の「清泉 亀の翁 純米大吟醸 製造:2018-02」をお勧めしたい。



(19)
 〆張鶴 吟撰 吟醸酒 製造:2020-11 宮尾酒造 (新潟)
clip_image024

clip_image026

clip_image028

立香はあまり感じない。入り口は甘い、酸は広がらない。中盤、軽い渋味を感じる。

(15)
の〆張鶴の方が良い印象。

(15)
(19)は製造が1年違うお酒で、縦の飲み比べになる。
この比較では、新酒の(15)の方が吟醸酒らしい香り・透明感が高く、(19)の方は香り・広がりの面で物足りない印象を受けた。
 〆張鶴は清泉とは違い、熟成を想定した造りは行っていないのかも知れない。



(20)
 玉川 タイムマシン 山廃純米無濾過生原酒2019BY 木下酒造 (京都)
clip_image030

clip_image032

立香はエチル系の香り、香ばしさも感じる。

甘い入り口。とろりとした舌触り。
中盤、辛味もあるが、旨味が凝縮している感じ。
周囲では味醂という声が高かった。
ぎっしりと味が詰まった世界で、木下酒造の個性が爆発している。

今日の宴には関係ないが、このタイムマシーンのビンテージの話。

先日、中島屋さんのお店にお酒を求めてお邪魔した時、冷蔵庫や商品棚を眺めていた。目的は買うことだが、見る楽しみはべつの楽しみだ。

商品棚を見ていると、入口に近い常温の棚の中に金色に輝いて、一際自己主張している瓶が目についた。細身の姿だが主張は際立っている。
何だろうと近づいて、ラベルを見ると、

「玉川 Time Machine Vintage 2014BY」と書かれている。

clip_image033

clip_image035

購入する酒は、もう決まった後だったが、これは手に入れなければと思い、瓶を手に持って、これもお願いしますと勘定場に持っていくと、
西川店主は、我が意を得たりとばかり、“それは、面白い”とおっしゃった。
製造は2019年だが、造りは2014BY
まだ栓を開けていないので、印象は書けないが、2019BYが爆発しているのだから、推して知るべし。
(その時、棚には3本在庫があったが、今、在るのかは、要照会。)

木下酒造は、熟成をコンセプトにお酒を造っている。
イギリス人の杜氏さんは、日本酒を本来の熟成酒の王道に戻す挑戦を行っている日本人以上の日本人と言えるだろう。


2021-12-19 (Sun)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3)

2021/12/19 第368回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3)

<今日の料理>・茶碗蒸しとろりとした舌触り。滑らかな食感。出汁の旨みを感じる。具を噛むと旨味が広がる。長芋がホクホクの食感。・お椀エビのしんじょう。さっぱりとした味わい。たっぷりとした銀杏の旨味と癖が、しんじょうの味を締めている。 エビは臭みがなく、上品な味わい。全体として、さっぱりとして美味しい。・焼き物取り弦付きの大皿が楽しい。各人に一皿ずつ運ばれてきた。 さつまいもの焼き芋  表面はカリ...

… 続きを読む



<今日の料理>

・茶碗蒸し

clip_image002

とろりとした舌触り。滑らかな食感。出汁の旨みを感じる。具を噛むと旨味が広がる。長芋がホクホクの食感。


・お椀
clip_image004
エビのしんじょう。

clip_image006
さっぱりとした味わい。たっぷりとした銀杏の旨味と癖が、しんじょうの味を締めている。
 エビは臭みがなく、上品な味わい。全体として、さっぱりとして美味しい。


・焼き物
clip_image008
取り弦付きの大皿が楽しい。

clip_image010
各人に一皿ずつ運ばれてきた。

clip_image012
 さつまいもの焼き芋  表面はカリッとした食感で焼かれており、中は甘くとろりとした食感になっている。旨味のある甘さで、バターが入っているのかどうか。美味しい焼き芋だ。

clip_image014
カマスの焼き物 サクッとした食感で、上品な旨味、香ばしく焼かれており魚の臭みは全くない。


clip_image016
菊芋の唐揚げ カリカリとして香ばしい。塩の薄い味付けがされている。

clip_image018
里芋の唐揚げ ほっくりとした食感で、なめらかな舌触り
海老の頭の唐揚げ 髭足の部分はパリパリとした食感。胴体の部分は旨味が濃く、噛むほどに旨味が広がる。パリパリの食感の気持ち良さと旨味の取り合わせが面白い。


・林檎の白あえ
clip_image020

clip_image022
白いクリームのようなソースがかかっている。
りんごのシャキシャキとした食感と甘さが感じられる。

・あん肝と大根炊きの合わせ
clip_image024

clip_image026
あん肝は、甘さと醤油の香ばしさが合わさった香りが立つ。 とろりとした舌触り、滑らかな舌触り。上品な旨味が広がり、ふわりとした食感と旨味みが余韻として残る。

大根は炊き込まれており、とろりとした食感、出汁の旨味みがふんわりと広がり、美味しい。


・鰆の焼き物と蕪の合わせ
clip_image028

clip_image030
鰆は、確りとした食感、噛んでいると旨味が次第に広がってくる。

蕪はトロトロの食感、甘い。口の中で溶けていく感じ。


・炊き込みご飯となめこの吸い物
clip_image032
炊き込みご飯は、具材は鶏肉とネギ。香ばしい香りがするのは釜炊きだからか。
味は薄味でさっぱりとした炊き込みご飯になっている。

clip_image034

clip_image036
なめこが大きい、まったけのように見える。
噛むとシコシコとした食感、薄味の上品な薄味の仕立てになっている。 


・ミルクプリン マンゴーソース添え
clip_image038

clip_image040
とろりとした舌触り、甘さとミルクの香りと味。
マンゴーの爽やかさ。
甘さ、ミルクの風味と余韻が快い。


<恒例籤引き大会>
宴も終わりに近づき、12月の宴の趣向である籤引き大会の時間になった。
 毎年、常連である陶芸家のM氏が準備された酒器が籤引きで当たる、嬉しい催しだ。
M
氏のご厚意に感謝したい。
酒器は、盃、お猪口など、陶器、磁器など色々で、開けてみるまでわからない。

clip_image042
今年は、Merry Christmasの箱に入った織部のぐい呑があたった。

clip_image044

M氏の話では、友人の陶芸家の作品で、良いものだそうだ。
 この酒器なら木下酒造の旨酒も美味しく飲めるはずだ。



15
時を過ぎ、楽しみに満ちた宴も終わりの時を迎えた。
 コロナのために、お酒を皆で集まって楽しむ宴は、開きにくい2021年だった。
12
月にコロナの感染者数が減少し、この宴が開催され、参加することが出来たのは、本当に良かった。

机を同じにした酒友A氏もお酒に関する有名youtuberTご夫妻も、お酒、呑処の情報・知識は人に抜きん出て、無尽蔵であり、楽しいお話を伺うことが出来た。これもこの宴の歓びだった。
感謝である。


岐阜駅までの道を、ふらりふらりとほろ酔い(?)で歩くのは、最高の気分であった。




2020-12-20 (Sun)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

酒の中島屋さん主催の「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」に参加した。久し振りに参加できて、本当に楽しかった。新型コロナの為に、今年のはじめから飲み歩きはできなくなった。 コロナ感染が社会問題になってからは、岐阜で20時からの酒の会に出る事は難しくなった。12月の今回は、2020年の締めくくり、忘年会の位置づけで、日曜日のお昼12時スタートで開催される。 会場の「minoてつめい」は貸し切りのため他の客の参加は...

… 続きを読む


酒の中島屋さん主催の「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」に参加した。

久し振りに参加できて、本当に楽しかった。

新型コロナの為に、今年のはじめから飲み歩きはできなくなった。
 コロナ感染が社会問題になってからは、岐阜で20時からの酒の会に出る事は難しくなった。

12
月の今回は、2020年の締めくくり、忘年会の位置づけで、日曜日のお昼12時スタートで開催される。
 会場の「minoてつめい」は貸し切りのため他の客の参加はなく、常連さんばかりなので、コロナの感染リスクは0と言って良い。
 そこで、勇躍参加することにした。


岐阜駅で降りると、いつもの通り駅前の信長公にご拝謁しなければならない。

clip_image002
今日は、天気がよく青空なので、信長公は黄金に輝くお姿だろうと思いながら、駅を出ると、その通りだった。

clip_image003
信長公がマスクを着用されたことは以前に聞いたが、第3波の今も、率先垂範、着用の上、感染防止を呼びかけられておられた。

clip_image004
もう5年も時が経てば、この様なお姿を見ることはなく、お写真を拝見し、笑って話せることになるだろう。


会場の「MINOてつめい」は、人気店楮グループの店で岐阜市の金神社近くにある。
岐阜駅から歩いていくことが出来る距離にある。

clip_image006
店内に入ると、もう先客が着席していた。
出席者は、例年12月は定員満席の20名を超えるが、今年は官公庁関係者や自粛者があり、常連の方も無念の欠席があり、14名程で宴は始まった。

会費を支払い、受付を済ませると、今日の出品酒が記載された「利き酒メモ」が貰える。
 銘柄数が2,3銘柄であれば、記憶でも対応が可能だが、この会は銘柄数が20近くになるので、この資料はありがたい。
clip_image007
 着席して資料を開くと、出品酒の数、銘柄名が判り、どんな酒が登場するか期待が膨らむ。
clip_image008
酒の数は多いが雑然と飲むのではなく、主催者の中嶋屋店主の脚本に従って登場する。
次の5幕の構成になっている。
<乾杯>
<新酒しぼりたて 飲み比べ>
<個性派純米 飲み比べ>
<今日の贅沢・大吟醸 飲み比べ>
<熟・醇・ を飲む>

clip_image009

clip_image010


【今日の出品酒】

利き酒メモには17銘柄が記載されていたが、ゆきの美人山田錦の飲み比べ用に1年熟成酒が追加されたので18酒になった。

clip_image012
 14人の出席者で4号瓶18本、たっぷりのお酒だ。利き酒が終われば、カウンターに並んでいるお酒を中から気になったものを再度飲むことが出来る。
clip_image014
この会はお酒の優劣を評価する会ではないので、個々人がそれぞれ飲み比べを楽しむことになっている。

以下、出品酒の利き酒結果を記載するが、個人的な嗜好による利き比べであり、客観性はない事を予めお断りする。


宴は、利き酒メモに記載されているシナリオに沿って、乾杯の幕開きから始まった。

<乾杯>

(1)
玉川 純米吟醸 手つけず原酒 無濾過生原酒 五百万石 60%精米 直汲み 木下酒造 (京都) 
clip_image015
知る人ぞ知る玉川が今日の乾杯酒。
木下酒造人気に溺れることはなく、このコロナ禍の中でも営業担当は足繁く中島屋さんに足を運んでいるそうだ。
造りと営業が一体になれば、酒蔵は活き活きする。
味わいにもそれが感じられる。

玉川で元気をつけ、コロナに勝とう!! 乾杯!!

clip_image016
原料米 五百万石 精米歩合 60%  酵母 協会9号 日本酒度非公開 酸度 非公開 アルコール度1718

甘い入り口。滑らかさとピチピチと弾ける辛味を感じる、含み香はエチル系のもの。味わいが個性的で甘さと辛味の厚みを感じるが、舌でほぐそうとしても粘りが在って、ほぐれない、これは個性的だ。しかし、中盤から以降、スッキリと切れる、粘りから切れの振幅が大きく、独自の世界を持っている。玉川の酒は面白い。 


<新酒しぼりたて 飲み比べ>
次は新酒のしぼりたての飲み比べの幕。

最初は、清泉の純米吟醸の2酒の飲み比べ。
造りは同じ、違うのは1点、掛米が違うのみ、(2)は「こしいぶき」(食用米)、(3)は麹米、掛米両方五百万石。
掛米だけの違いで味が変わるのかがテーマだ。

(2)
清泉 純米吟醸 しぼりたて生酒 久須美酒造 (新潟)
clip_image017

clip_image018

原料米:五百万石・こしいぶき 精米歩合:55% 日本酒度:+3.0 酸度:1.5 アミノ酸:1.5 アルコール度:15%
 麹米に五百万石、掛米に食用米のこしいぶきを使用。
立香は仄かな吟醸香。甘い入り口。スッキリとした印象、玉川の後だからかも知れない。なめらかな舌触りで、甘さ、辛さ、中盤と味の展開がはっきりしている、味が通り過ぎていく感じで全体としてのまとまりが欲しい。


(3)
清泉 夏子物語 純米吟醸 しぼりたて生酒 久須美酒造 (新潟)
clip_image019

clip_image020
原料米:五百万石 精米歩合:55% 日本酒度:+3.0 酸度:1.7 アミノ酸:1.6 アルコール度:15% 麹米、掛米共に五百万石100%。

立香は吟醸香、甘い入り口。口に含むとふくらみが大きく、味の偏りがなく一体化しており、纏まりバランスが良い、甘さと辛さが中心で苦味・渋みは浮いてこない。全体として嫌味がなく、穏やかな世界。後半の切れ良く、後口は辛味系。

純米吟醸しぼりたて生酒と夏子物語の違いは、掛米が食用米のこしいぶきと五百万石の違いで、他は同じ。価格は720ml1510円と1720円、210円の差がある。
 評価は人によるが、個人的には格の違いを感じるので、210円高くても夏子物語を買って飲みたい。
 掛米だけの違いでこれ程味わいが違うのは驚きだった。
酒米というものの存在理由が再認識できた。


(4)
 ゆきの美人 純米吟醸 しぼりたて生 秋田醸造 (秋田)
clip_image021

clip_image022
原材料 米(国産),米麹(国産米) アルコール度数 16 使用米 山田錦,酒こまち 精米歩合55
使用酵母 蔵内14号 日本酒度 +5+7 酸度 1.5

立香は程良い吟醸香。甘い入り口。ふくらみ大きい、辛味は浮かず背後で味を締めている。味のバランスも良い、フレッシュさとふくらみを感じる。
(3)
に似ている世界だがフレッシュさはこちらの方が感じる。


(5)
 四季桜 冬桜 純米吟醸 おりがらみ生原酒 宇都宮酒造 (栃木)
clip_image003[1]clip_image023clip_image024clip_image025clip_image004[1]clip_image027clip_image028clip_image030clip_image032clip_image034clip_image035clip_image007[1]clip_image008[1]clip_image009[1]clip_image010[1]clip_image037clip_image039clip_image041clip_image043clip_image045clip_image047clip_image049clip_image051clip_image053clip_image055clip_image057clip_image059clip_image061clip_image063clip_image065clip_image067clip_image069clip_image070clip_image071clip_image072clip_image073clip_image074clip_image075clip_image076clip_image077clip_image078clip_image079clip_image080clip_image081clip_image082clip_image083clip_image084clip_image021[1]clip_image022[1]clip_image017[1]clip_image018[1]clip_image019[1]clip_image020[1]clip_image015[1]clip_image016[1]clip_image085clip_image087clip_image089clip_image091clip_image093clip_image095clip_image097clip_image099clip_image101clip_image102clip_image104clip_image106clip_image108clip_image109clip_image110clip_image111clip_image112clip_image113clip_image114clip_image115clip_image116clip_image117clip_image118clip_image119clip_image120clip_image121clip_image122clip_image123clip_image124clip_image125clip_image126clip_image127clip_image128clip_image129clip_image130clip_image131clip_image132clip_image133clip_image134clip_image135clip_image136clip_image137clip_image138clip_image140clip_image142clip_image144clip_image146clip_image147clip_image149clip_image151clip_image153clip_image070[1]
この辺りでは知られていないが、栃木周辺では人気があり、入手困難の希少な酒と言われているとの説明があった。
clip_image071[1]
原料米 栃木県五百万石 精米歩合 55% 日本酒度 +3.7 酸度 2.1 alc 17

立香は甘い香り。甘い入り口。酸は滑らかでふくらみがあり、辛味は表面に出ず背後で味を締めている。大きな世界を持っている。

(3)
(4)(5)はいずれもふくらみがあり、大きな世界を持っている点似ている。吟醸香は(4)が最も吟醸香らしい。
 個人的な価値観では、純米吟醸は中途半端な印象を持っている。下位スペックの特別純米・純米と変わらないもの、場合によっては純米酒のほうが良いものがあり、一方純米大吟醸と比べると透明感・ふくらみ・切れの良さが劣る。
 中途半端な純米吟醸と言うイメージなのだが、今日の(3)(4)(5)はそのイメージを覆すふくらみと世界の大きさを感じさせてくれた。
 純米吟醸もこの3酒なら、存在理由がある。


(6)
 松の司 純米吟醸 あらばしり  2020/12製造 松瀬酒造 (滋賀)
clip_image075[1]

clip_image077[1]
原料米:滋賀県竜王町産山田錦100%使用(環境こだわり農産物認証) 精米歩合:55% アルコール度数:16度以上17度未満 日本酒度:+3 酸度:1.4

立香は甘い香り。甘い入り口。とろりとした舌触り。酸は滑らか。次に辛味が来て、味の押しを感じる。含み香は麹香と甘い香を感じる。香りの主張が(3)(4)(5)より強い。ふくらみがあるが、中盤からの切れも良い。





2020-12-20 (Sun)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

次の幕は、シナリオでは<個性派純米 飲み比べ>になっているが、実際には<今日の贅沢・大吟醸 飲み比べ>の幕を先に行った。 理由は、参加者から酔ってしまう前に大吟醸を先に飲みたいと言う希望があったそうだ。だが、記事はシナリオ通りの順番で書いている。<個性派純米 飲み比べ>(7) 白岳仙 真紅 辛口純米 安本酒造 (福井)原材料:五百万石 精米歩合:麹米55%、掛米65% 日本酒度:+10 酸度:1.6 酵母:HGS-02(...

… 続きを読む


次の幕は、シナリオでは<個性派純米 飲み比べ>になっているが、実際には<今日の贅沢・大吟醸 飲み比べ>の幕を先に行った。
 理由は、参加者から酔ってしまう前に大吟醸を先に飲みたいと言う希望があったそうだ。

だが、記事はシナリオ通りの順番で書いている。


<個性派純米 飲み比べ>

(7)
 白岳仙 真紅 辛口純米 安本酒造 (福井)
clip_image001

clip_image002
原材料:五百万石 精米歩合:麹米55%、掛米65% 日本酒度:+10 酸度:1.6 酵母:HGS-02(自社保存酵母) アルコール度数:15%

立香はスッキリとして鼻に抜けるが、何か消毒臭のような感じもあるエチル系の香り。酸のふくらみと含み香が来て辛味が来る、主張のある味わいだ。後半にかけての切れが良い。食中酒として幅広く肴に合いそうな印象だ。

この酒だけで言えることではないが、白岳仙の味わいが変わってきていると感じた。
 以前は白岳仙のイメージは、吟醸酒だった。正統派の吟醸酒で福井の酒らしいイメージだった。
 このところ、味わい系の酒に変化しているように感じる。福井は吟醸酒を得意とする蔵が多いので、味わい系を追求する方針になったのかも知れない。


次の(8)はシナリオには1種類しか記載がないが、実際には1年前の熟成酒が追加提供され、1年の垂直飲み比べの趣向になっていた。
 1年の熟成で味わいはどう変わるか。新酒が良いか、熟成酒のほうが良いか、興味深い試みだ。


(8) 純米吟醸 ゆきの美人 山田錦 6号酵母 超辛 2020年11月製造 秋田醸造 (秋田)
clip_image003

clip_image004
原材料 : 山田錦 精米歩合 : 55% 日本酒度 : +16 酸度 : 1.5 アルール分 : 16% 

甘い入り口。酸はふくらみがあり、次に辛味が来る。微発泡感のシュワシュワッとした辛味もある。味わいの世界というよりスッキリと切れる爽快感に特徴を感じる。


(9)
 純米吟醸 ゆきの美人 山田錦 6号酵母 超辛 2019年11月製造 秋田醸造 (秋田)
clip_image005

clip_image006
原材料 : 山田錦 精米歩合 : 55% 日本酒度 : +16 酸度 : 1.5 アルール分 : 16% 

口に入れると大きく広がる、炭酸のスパークリングのような感じのシュワシュワが来る。大きく爽やかな世界を持っていて、独自の世界を感じる。利いている内に鼻がムズムズして、クシャミが2回出た、立ち上がって、客席と反対側のカウンターに向かっておしぼりで押さえながら済ませたが、この時節、この揮発性のものは困る、何か異常発酵でもあるのか、炭酸の刺激なのか。

(8)
との利き比べは、去年のもののほうが大きな世界で爽やかさがあり独自の世界が在って面白い。今年のものは、スッキリとして鋭く切れが良い。それぞれの良さを感じた。
「純米吟醸 ゆきの美人 山田錦 6号酵母 超辛」は、新酒は新酒らしいピチピチ感が楽しめ、1年熟成酒は大きな世界とシュワシュワ感の爽やかさがあり、それぞれに楽しめる酒で甲乙はつけ難い、恐らく造りが確りしているのだろう。


次の2本の東一も今年の(10)と去年の(11)の利き比べだ。
(10)
 東一 純米 山田錦 2019BY 202011月製造 五町田酒造 (佐賀)
clip_image007

clip_image008

clip_image009
原料米 山田錦 精米歩合 64% 日本酒度 ±0 酸度 1.4

立香は乾いたような香り。甘い入り口。含み香も感じる。酸味+辛味+渋味の主張がある。
ぬる燗の提供があり、味わいが纏まっていた、燗向きのお酒だ。


(11)
 東一 純米 山田錦 2018BY 201911月製造 五町田酒造 (佐賀)
clip_image010

clip_image011

clip_image012

clip_image013
原料米 山田錦 精米歩合 64% 日本酒度 ±0 酸度 1.4

立香は仄かであまり感じない。スッキリとした味わいで、主張を感じる今年の酒と比べ穏やかで飲み易い、1年の熟成の差が大きい酒だ。
この酒もぬる燗の提供があった。穏やかな味わいのふくらみが大きくなり、より良くなった。矢張り燗向きの酒だ。

1
年の垂直利き比べは、自分の嗜好では1年熟成の去年のものに軍配を上げたい。


(12)
 玉川 純米 にごり酒 2019BY 木下酒造 (京都) 
麹米:五百万石(京都府、兵庫県) 掛米:コシヒカリ、他 精米歩合 6568% アルコール分 1717.9%
clip_image014

clip_image015

clip_image016
1
年寝かせたものが、スポットで入荷したと説明があった、定番酒ではなく限定酒。
clip_image018
にごり酒で、とろりとした舌触り、酸味と渋味を感じる、中盤まで味の主張が活発、だが後半スッキリと切れる。この味わいの変化は個性的で面白い、ジェットコースターか?

ぬる燗の提供があった。含み香は少し穏やかになるが味わいは変わらない。特に燗をする必要はなさそうだ。



<今日の贅沢・大吟醸 飲み比べ>

(13)
 若竹 おんななかせ 純米大吟醸 大村屋酒造場 (静岡)
clip_image019

clip_image020
原料米: (麹米)山田錦 (掛米)五百万石  アルコール度:16 酒度:+3.0  酸度:1.3    精米歩合:50% 火入れ

立香は甘い香り。甘い入り口。ふくらみは大きくない。辛味があり、含み香はエチル系のものを感じる。味わいは純米大吟醸としてはやや細い感じだ。


(14)
 瀧自慢 純米大吟醸 瀧自慢酒造 (三重) 
clip_image021

clip_image022
原料米:伊賀産三重山田錦100% 精米歩合:45% 日本酒度:+4.5 酸度:1.3 酵母:蔵内自家培養酵母 アルコール度数:16度

立香は吟醸香と言うより甘い香り。甘い入り口。スピードのある広がりがあり、ふくらみより切れに特徴があるが、一方世界の大きさは感じる。含み香は程良い吟醸香。
 大きさもあり切れも良い世界で(13)より印象が良かった。


(15)
 松の司 純米大吟醸35 渡船 2019BY 松瀬酒造 (滋賀)
clip_image023

clip_image024

clip_image025
原料米 滋賀県竜王町産 渡船100% 精米歩合 35% アルコール分 16% 日本酒度 -4  酸度 1.2
酵母 自社酵母。

立香は仄かな吟醸香。甘い入り口。滑らかな舌触り。味はスッキリとしている。含み香も吟醸香。味のバランス良い。味の強い主張というより慎みのある味わい。後半、早目に切れる。独自の世界を持っていて、それを評価する人には魅力的な酒だ。



<熟・醇・ を飲む>

(16)
 清泉 純米吟醸 生酒 2018BY 久須美酒造 (新潟)
clip_image026

clip_image027

clip_image028
原料米:五百万石・こしいぶき 精米歩合:55% 日本酒度:+3.0 酸度:1.5 アミノ酸:1.5 アルコール度:15%

(2)
の新酒とこの2年熟成酒との利き比べの趣向。
甘い入り口。とろりとした舌触り。含み香は吟醸香ではなく甘い香り。酸はふくらみが小さくなり、切れが良くなる。
新酒とは違った世界で、これはこれで良い味わいだ。


(17)
 玉川 自然仕込 純米酒(山廃)雄町 無濾過生原酒 201904月製造 木下酒造 (京都)
clip_image029

clip_image030
米の品種 雄町(岡山県)精米歩合 66% アルコール分 1820.9%

立香は酸味を感じさせるもの+エチル系の香り。酸のふくらみ、辛味の押しがやってきて、活気のある世界。2018BYの造りとは思わせないフレッシュさを保持している。今も生き生きと躍動している味わいだ。玉川らしさが満ちている。

熟成酒らしさより今も生き生きしている味わいで、1年後の20204月製造の利き比べをしてみたいと思う。


(18)
 信濃鶴 純米 しぼりたて 無濾過生原酒 2017BY 長生社 (長野)
clip_image031

clip_image032

clip_image033
使用米 / 美山錦 精米歩合 / 60% 日本酒度 / 非公開 酸度 / 非公開 alc度数 /1617%

立香は甘い香りが立つ。甘い入り口。酸の厚みがあり、ふくらみも大きい。後半渋味を感じる。
 しぼりたての生酒で、新酒の楽しむための酒で、熟成酒を想定した酒ではないが、特に老ねた香り・味はなく美味しくいただける、


【今日のお酒の感想】

(1)
清泉 純米吟醸の掛け米違いの飲み比べ
 酒米の飲み比べは主要酒米同士、例えば山田錦と雄町のお酒を比較することが多い。しかし、蔵も銘柄も違うことが多いので、最終の味わいが酒米だけの差だけではなく、蔵の造りや酵母や酒米以外の要素が違っていることが味わいの差になっていることは十分あり、飲み比べだけでは酒米の違いだけの差を取り出すことは難しい。

しかし、今日の清泉の利き比べは、蔵、スペック、造り、麹米は同じ、違うのは掛米だけ。掛米が食用米(こしいぶき)と酒米(五百万石)と違うだけなので、酒米を使用する意味を確認できる利き比べだ。

結果は、五百万石を使った夏子物語のふくらみのある味わいの大きさが違うことを実感できた。これは新しい発見だった。


(2)
玉川のお酒3
<乾杯>の玉川 純米吟醸 手つけず原酒 無濾過生原酒
<個性派純米>の玉川 純米 にごり酒 2019BY
<熟・醇・>の玉川 自然仕込 純米酒(山廃)雄町 無濾過生原酒

個人の嗜好は、ふくらみのある大きな味わいで、味の偏りが無くバランスが良い、穏やかに切れて、余韻が残るようなものに惹かれる。
 この嗜好からすると、玉川は味の主張が強く、厚みもあり迫ってくる味わいで、少し引いてしまう。

今日は、玉川の3酒を飲んで、玉川の良さを実感できたように感じた。
 3酒どれも、ダイナミックな味わいで、躍動感があり、しかも後半、スパッと切れるところは同じだ。

しかし、それぞれ個性があり同じ味わいではない。
・「手つけず」の味の粘り・持続は相当にしっこい、これは個性的だ。
・「純米にごり酒」は、にごり酒らしからぬ爽快感の世界で、ダイナミック・活発な味わいの中盤が終わると突然、スパッと切れる、余韻が漂うと言う世界とは異なる。ジェットコースターに乗っているようだ。
・「山廃雄町」は、2018BYの熟成酒だが、ダイナミック・活発な味わいは失っていない、その一方、味の荒々しさに落ち着き・滑らかさがあるように感じた。この酒が、最も玉川らしい酒ではないかと感じた。
 新酒で良し、囲って良しの世界で、へこたれない力強さを持っている。

(3)
ゆきの美人の秋田醸造
 今日は純米吟醸3酒が登場したが、それぞれ良い世界を持っていて、酒蔵の造りの良さを感じた。

・新酒しぼりたて
 純米吟醸は中途半端で何か物足りなさを感じる事が多いが、これは、吟醸香、透明感、ふくらみ、味のバランス、フレッシュ感があり、大吟醸クラスの品位を感じた。
・山田錦 超辛口の新酒と1年熟成酒
 スパークリングのようなシュワシュワ感があり、スカッと切れる爽快感の新酒。1年熟成は、シュワシュワ感を残しながらふくらみのある味わいが大きさを感じさせる。
それぞれ、個性的で面白い味わいだと思う。

乾杯酒は、1種類と相場は決まっている。
今日も乾杯酒は玉川手つけずだった。
だが、ふと思ったのは、乾杯を2種にしてゆきの美人山田錦超辛口でも乾杯できれば、面白いかも知れない。
どちらも爽快だが、味の濃い爽快とシュワシュワの爽快と違った爽快を味わうことが出来る。

4)今日の吟醸酒新酒しぼりたて(2)(6)は、どれも良かった。
特に(2)(3)(4)は吟醸酒らしい香り、広がり、透明感、味わいのバランス、切れの良さが揃っており、吟醸酒らしい世界を感じさせた。
 <今日の贅沢大吟醸>の松の司純米大吟35渡船は別格としても、他の2酒より吟醸酒らしいと感じた。





2020-12-20 (Sun)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

2020/12/20 第364回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

いつもそうだが、お酒の利き比べと料理が同時並行で進行するので、忙しい。 お酒の印象を書きながら、料理をいただき、相性を考えながらお酒を利き比べる、終わらないうちに次のお酒、料理が登場すると、嬉しい悲鳴になる。【今日の料理】(お品書きがないので、料理の名前は勝手に書いたもの。)・あん肝と菜の花の柚子ジュレ掛け菜の花はサクサクとした食感で歯切れがよい。ジュレは柚子の香りと出汁の旨味が立つ。あん肝はホロ...

… 続きを読む


いつもそうだが、お酒の利き比べと料理が同時並行で進行するので、忙しい。
 お酒の印象を書きながら、料理をいただき、相性を考えながらお酒を利き比べる、終わらないうちに次のお酒、料理が登場すると、嬉しい悲鳴になる。


【今日の料理】
(お品書きがないので、料理の名前は勝手に書いたもの。)

・あん肝と菜の花の柚子ジュレ掛け
clip_image002
菜の花はサクサクとした食感で歯切れがよい。ジュレは柚子の香りと出汁の旨味が立つ。あん肝はホロホロとした食感で、ジュレの香りと旨味で魚の内臓を感じる臭いはなく、旨味だけが感じられる。上品なあん肝料理と感じた。


・鰆の炙りのお造り
clip_image004

clip_image006
カウンターの上でバーナーで皮の部分だけを炙ってから、すぐ切って提供された。
口に入れると、たっぷりとした食感。脂が適度に乗っている、寒鰤ほどくどくはないが、もっちりとした食感を噛む内に鰆の旨味が口の中に広がる、魚の生臭さはなく、肉を食べているような感じもある。脂のトロリ感と肉のもっちり感の合体が食べ応えを生んでいる。

昔、この酒の会でお世話になった、今はなき「小料理 ざっぶん」で登場した、鰆の刺身を懐かしく思い出してしまった。
鰆は文字の通り春が旬と言われるが、実は秋以降のほうが脂が乗って美味しいのだ。鰆の刺身が美味しいことを初めて知ったのは、その時だ。


・お椀 シズと百合根の蒸し物、大根の合わせ 人参・ほうれん草・柚子の薬味添え
clip_image008

clip_image010
左は大根、右は薬味の柚子、桂剥きの大根と人参。その舌の緑はほうれん草だろう。
その下の丸いのがシズと百合根の蒸し物。

clip_image012
丸いシズと百合根を割ると中にふわふわとした卵白のような食感のものが見える。周りは魚のシズと百合根のザラリとした食感だが、その中はふんわりとトロトロの食感で、食感の変化を面白く楽しむことができる。

大根は中は大根の甘みを感じるが外側は出汁の旨味を感じる。
 出汁は穏やかで上品な旨味で、出汁自体が酒の肴になる。
椀は出汁もすべて味わえるからありがたい。


・メヒカリの甘酢南蛮 セロリ添え
clip_image014

clip_image016
通称メヒカリ(目光)は正式にはアオメエソと言う名前だそうだ。水深200m以上の深いところにいる魚で白身だが脂が乗っている。

薄い衣で唐揚げにしてあり、じっくり揚げてあるので頭からすべて食べる事ができる。
 作り置きでないので、外側はカリッとした食感、噛むと白身の食感と旨味が口の中に広がる。魚臭さは全く感じない。
メヒカリの旨味だけを取り出している。見かけとは違い上品な味わいだ。


・鴨のローストと大根柚子味噌掛け、舞茸と里芋の唐揚げ
clip_image018
鴨のローストは、市販されているものとは違い柔らかで肉汁たっぷり。噛むと鴨らしい旨味と癖が口の中に広がる、鴨はいつもは食べない人が、これは美味しいと話していた。

clip_image020
鴨のローストの下は、大根の柚子味噌掛け。
柔らかく煮てある大根を味噌の旨味と香りが包み込む。

clip_image022
舞茸と里芋は揚げてある。
舞茸は甘さを感じる垂れが掛けてあり、シャキシャキとした食感と舞茸の香り。

里芋は、表面はカリッとして、中はもっちりとしている。
一度煮て里芋の粘りが出た状態のものを揚げてあるのだろう。表面と中の食感の差が楽しい。


・連子鯛と摺り蓮根の蒸し物の合わせ
clip_image024
摺った蓮根の滑らかな舌触り、連子鯛の柔らかな白身のさっぱりとした食感が穏やかで、品の良い味わいを感じさせる。
味とは別に食感の違いが楽しめる。


・春菊の炊き込みご飯とほうれん草の味噌汁
clip_image026

clip_image028
ご飯はモチモチで口に入れると春菊の香りと薄いおこげの香りとが合体して、良い感じだ。春菊は炊きあがりに合わせて混ぜたものらしく、程良い春菊の食感が残っている。
 お米の仄かな甘味と出汁の旨味とお米のモチモチ食感と春菊の柔らかいが葉の食感と春菊の香りとが一緒になって美味しい。
 シンプルだが、美味しい。真似して自分で挑戦してみようと思った。

clip_image030
糀味噌とほうれん草の味噌汁。ほうれん草は柔らかめ、味噌汁は豆味噌とは違って、さっぱりとしてお澄ましのような飲み口だった。


・ミルクプリン マンゴーソース載せ
clip_image031

clip_image033
甘いマンゴーの香り。甘く滑らかなプリンの舌触り。
喉を通ると、ミルキーな余韻が漂う。
一匙毎にこれが繰り返される。


【料理の感想】

流石、楮グループの「minoてつめい」の料理は、楽しむことが出来た。
 鮪、鯛、鰤などよく登場する素材ではなく、個性的だが実は美味しい魚を技で楽しませてもらえた。
 味わいは勿論だが、焼く・炊く・揚げるの調理法を工夫し、素材の持つ食感を残す仕事の丁寧さを感じた。

此処は貸し切りができるので、他の客に影響を与えることも、影響されることもなく、宴が楽しめるので宴の会場としては最適だ。
 また、この店での宴が開催される機会を待ちたい。


【大抽選会】

12
月の年忘れを兼ねたこの会は、毎回陶芸家M氏のご厚意で、同氏の作による盃をはじめ酒蔵グッズ他が当たる大抽選会が開催される。
 今回は、コロナの関係で出席を自重されたが、抽選会用の盃は提供されたとのことだった。

抽選の結果、情趣ある鼠志野のぐい呑が当たった。
M
氏の作品かもしれない。

clip_image035

clip_image037

clip_image039

clip_image041

大抽選会も終わり、時計は15時、宴の終わる時が来た。


日曜日のこの会は終わってもまだ明るい。
例年なら、これから2次会、カラオケなどそれぞれ分かれて行くのだが、今年はコロナのため自粛が要請されている、皆さんその儘帰られたようだ。

岐阜駅に向かう途中に、幸先参りには少し早いが、金神社にお参りすることにした。

幹線道路を横断し、神社に近づくと楽団の楽器の音がした。
ライブでもやっているのだろうか。

clip_image043

clip_image045

clip_image047
手水舎に行くと、今時の様になっていた。
clip_image048clip_image049clip_image050clip_image051clip_image052clip_image054clip_image056clip_image058clip_image060clip_image062clip_image064clip_image065clip_image066clip_image067clip_image068clip_image069clip_image071clip_image073clip_image074clip_image076clip_image077clip_image078clip_image080clip_image081clip_image082clip_image083clip_image085clip_image086clip_image087clip_image089clip_image090clip_image091clip_image092clip_image093clip_image095clip_image096clip_image097clip_image098clip_image099clip_image100clip_image101clip_image102clip_image103clip_image104clip_image105clip_image106clip_image107clip_image108clip_image109clip_image110clip_image111clip_image112clip_image113clip_image114clip_image115clip_image116clip_image118clip_image119clip_image121clip_image122clip_image123clip_image125clip_image126clip_image128clip_image031[1]clip_image130clip_image131clip_image133clip_image134clip_image135clip_image136clip_image137clip_image138clip_image139clip_image140clip_image141clip_image142clip_image143clip_image144clip_image145clip_image146clip_image147clip_image148clip_image149clip_image150clip_image151clip_image152clip_image153clip_image154clip_image155clip_image156clip_image157clip_image158clip_image159clip_image160clip_image161clip_image162clip_image164clip_image166clip_image168clip_image170clip_image172clip_image173clip_image174clip_image175clip_image176clip_image049[1]clip_image050[1]clip_image051[1]clip_image052[1]clip_image054[1]clip_image056[1]clip_image058[1]clip_image060[1]clip_image062[1]clip_image064[1]clip_image065[1]clip_image066[1]clip_image067[1]clip_image068[1]clip_image069[1]clip_image071[1]clip_image073[1]clip_image074[1]clip_image076[1]clip_image077[1]clip_image078[1]clip_image080[1]clip_image081[1]clip_image082[1]clip_image083[1]clip_image085[1]clip_image086[1]clip_image087[1]clip_image089[1]clip_image090[1]clip_image091[1]clip_image092[1]clip_image093[1]clip_image095[1]clip_image096[1]clip_image097[1]clip_image098[1]clip_image099[1]clip_image100[1]clip_image101[1]clip_image102[1]clip_image103[1]clip_image104[1]clip_image105[1]clip_image106[1]clip_image107[1]clip_image108[1]clip_image109[1]clip_image110[1]clip_image111[1]clip_image112[1]clip_image113[1]clip_image114[1]clip_image115[1]clip_image116[1]clip_image118[1]clip_image119[1]clip_image121[1]clip_image122[1]clip_image123[1]clip_image125[1]clip_image126[1]clip_image128[1]clip_image031[2]clip_image130[1]clip_image131[1]clip_image133[1]clip_image134[1]clip_image135[1]clip_image136[1]clip_image137[1]clip_image138[1]clip_image139[1]clip_image140[1]clip_image141[1]clip_image142[1]clip_image143[1]clip_image144[1]clip_image145[1]clip_image146[1]clip_image147[1]clip_image148[1]clip_image149[1]clip_image150[1]clip_image151[1]clip_image152[1]clip_image153[1]clip_image154[1]clip_image155[1]clip_image156[1]clip_image157[1]clip_image158[1]clip_image159[1]clip_image160[1]clip_image161[1]clip_image162[1]clip_image164[1]clip_image166[1]clip_image168[1]clip_image170[1]clip_image172[1]clip_image173[1]clip_image174[1]clip_image175[1]clip_image176[1]clip_image048[1]clip_image049[2]clip_image050[2]clip_image051[2]clip_image052[2]clip_image054[2]clip_image056[2]clip_image058[2]clip_image060[2]clip_image062[2]clip_image064[2]clip_image065[2]clip_image066[2]clip_image067[2]clip_image068[2]clip_image069[2]clip_image071[2]clip_image073[2]clip_image074[2]clip_image076[2]clip_image077[2]clip_image078[2]clip_image080[2]clip_image081[2]clip_image082[2]clip_image083[2]clip_image085[2]clip_image086[2]clip_image087[2]clip_image089[2]clip_image090[2]clip_image091[2]clip_image092[2]clip_image093[2]clip_image095[2]clip_image096[2]clip_image097[2]clip_image098[2]clip_image099[2]clip_image100[2]clip_image101[2]clip_image102[2]clip_image103[2]clip_image104[2]clip_image105[2]clip_image106[2]clip_image107[2]clip_image108[2]clip_image109[2]clip_image110[2]clip_image111[2]clip_image112[2]clip_image113[2]clip_image114[2]clip_image115[2]clip_image116[2]clip_image118[2]clip_image119[2]clip_image121[2]clip_image122[2]clip_image123[2]clip_image125[2]clip_image126[2]clip_image128[2]clip_image031[3]clip_image130[2]clip_image131[2]clip_image133[2]clip_image134[2]clip_image135[2]clip_image136[2]clip_image137[2]clip_image138[2]clip_image139[2]clip_image140[2]clip_image141[2]clip_image142[2]clip_image143[2]clip_image144[2]clip_image145[2]clip_image146[2]clip_image147[2]clip_image148[2]clip_image149[2]clip_image150[2]clip_image151[2]clip_image152[2]clip_image153[2]clip_image154[2]clip_image155[2]clip_image156[2]clip_image157[2]clip_image158[2]clip_image159[2]clip_image160[2]clip_image161[2]clip_image162[2]clip_image164[2]clip_image166[2]clip_image168[2]clip_image170[2]clip_image172[2]clip_image173[2]clip_image174[2]clip_image175[2]clip_image176[2]clip_image048[2]clip_image177
水盤には水が張られていない。龍神様の浄水は青竹に流されている。手を洗い、口をすすぎ、身を清めるものだから、今時は、この方法が理に適っている。

clip_image173[3]
お賽銭の後、二礼二拍一礼。
今日の感謝と祈念は一つ、コロナウイルス退散。

clip_image178


今日は、本当に佳い日だった。






2019-05-08 (Wed)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1-1 出品酒)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1-1 出品酒)

今日の宴の柱は勿論日本酒だが、料理も素晴らしい。会場のてら田は予約ができないほどの人気店だ。運にも恵まれて、今日の会に参加できたのは幸運だった。てら田は岐阜駅前にあり、アクセスも極めて良い。改札を出て、回廊を渡り、道路の反対側の階段を降りれば、もう店の前に出る。周辺がシャッターが閉まっているので、夜になると暗い中に店が浮かぶ。店前の電飾案内看板には、「手酌割烹 てら田」と書かれている。昼はランチ営...

… 続きを読む


今日の宴の柱は勿論日本酒だが、料理も素晴らしい。
会場のてら田は予約ができないほどの人気店だ。

運にも恵まれて、今日の会に参加できたのは幸運だった。


てら田は岐阜駅前にあり、アクセスも極めて良い。
改札を出て、回廊を渡り、道路の反対側の階段を降りれば、もう店の前に出る。


clip_image002
周辺がシャッターが閉まっているので、夜になると暗い中に店が浮かぶ。

clip_image003
店前の電飾案内看板には、「手酌割烹 てら田」と書かれている。

clip_image005
昼はランチ営業も行われているそうだ。

今日の宴が20時半のスタートなのは、それまで別の団体が借り切っていたためで、貸し切りで使うのは大変な店なのだ。

clip_image006
店は入口からカウンター席が奥まであり、対面厨房になっている。

開始時間前だが、もう参加者が着席している。

clip_image008
 一番奥には座敷があり、グループで利用することも可能だ。

定刻20時半になり参加者も揃い、酒の中島屋店主の挨拶で、宴が始まった。

この会は、お酒は店主の企画したコーナー毎に、順を追って提供される。
 ブラインド評価ではなく、瓶ごと回されるので、ラベルを見て、スペックを見て利くことができる。

店主の企画は、受付時に渡される「利き酒メモ」に書かれている。
 今日の企画のコーナーの設定は、5つ。
<乾杯>
<夏のお酒>
<純米酒 飲み比べ>
<今日の贅沢・吟醸酒 飲み比べ>
<熟・醇・を飲む>

全部で16銘柄。
香り高い吟醸酒から旨酒、ピチピチの新酒から19年物の大古酒まで役者が揃っている。
幅の広い構成になっている。


【今日の出品酒】
以下、今日の出品酒の印象を記載するが、個人の嗜好に基づくもので、客観性はない事をお断りしておきたい。


<乾杯>
最初のコーナーは、会の開始を祝って、皆で一斉に乾杯。
酒の中島屋取扱の銘柄数多ある中で、登場したのは岐阜の小坂酒造場の百春。

(1)
百春 純米大吟醸 山田錦 直汲み仕込み24号 小阪酒造場 (岐阜)
clip_image009

clip_image010


clip_image012
立香は吟醸香が立つ。甘い入り口。舌触りは丸い、含み香も吟醸香、透明感のある酸、中盤、中心にある辛味の固さが押しになっている。後半の切れ良い。


吟醸香の立つ吟醸酒らしい世界、綺麗だが中盤、中心に辛味の押しがあり、綺麗だけでない主張がある。乾杯酒として適性が高い。

精米歩合50%で、それ程削られては居ないが、中盤の渋味や雑味感はなく、辛味は押しになっていて、後半の切れも良く、造りの良さが感じられる。


<夏のお酒>
各蔵から夏向きのお酒が登場する時期に合わせ、3銘柄を飲み比べ。
四国徳島の芳水2銘柄と白岳仙。

(2)
芳水 暑氣拂 土用酒 吟醸生貯蔵 芳水酒造 (徳島)
clip_image013

clip_image014

百春の後なので、吟醸酒なのだが立香はあまり感じない。丸い入り口、仄かな酸味。酸は広がらない、広がらず中に纏まる感じ。味に偏りがなくバランスが良いので食中酒として適性がありそうだ。



(3)
芳水 淡遠 純米吟醸生貯蔵 芳水酒造 (徳島)
clip_image015

clip_image016

 
入り口はさっぱりとして、偏りのない印象。酸のふくらみは大きい。味のバランスは良い。後半、底に渋味があり、味を締めている。この酒も味のバランスが良いので食中酒の適性良いが、酸のふくらみがある分、単独でも楽しむことができる。


(2)
は醸造用アルコール添加の吟醸酒、(3)は純米。
精米歩合は、60555%しか違わないが、飲んだ印象はかなり違う。
 (3)の方が1升瓶で2800円と600円高いが、単独で飲んでもよく、食中酒でも良いので幅が広い。
(2)
もバランスが良いので食中酒として普段飲みならコスパが良い。
 いずれにしても四国らしいスッキリとした味わいだ。


(4)
白岳仙 純米吟醸 涼純辛口 安本酒造 (福井)
clip_image017

clip_image018

立香はあまり感じない。甘い入り口。酸のふくらみは中程度、広がりも大きくはない。中盤以降、味わいの底に渋味を感じる。


白岳仙と知って飲むので、そう感じるかも知れないが、綺麗な透明感のある吟醸酒という白岳仙のイメージとは少し違う世界を感じた。

この酒は、ブラインドで飲めばまた別の印象になったかも知れないと思う。




2019-05-08 (Wed)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1-2 出品酒)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その1-2 出品酒)

<純米酒 飲み比べ> このコーナーは、獺祭、明鏡止水、鯨波それぞれ2銘柄の利き比べ。 個人では、なかなかこうした利き比べはできない。 この会ならではの企画だ。 先ずは、獺祭の中心銘柄の利き比べ。 獺祭の中心銘柄、入り口と言える「純米大吟醸 磨き50」が今年3月末に廃盤となり、後継銘柄の「純米大吟醸 磨き45」に置き換えられた。 スペックは、火入れ、山田錦、アルコ...

… 続きを読む



<純米酒 飲み比べ>
このコーナーは、獺祭、明鏡止水、鯨波それぞれ2銘柄の利き比べ。
個人では、なかなかこうした利き比べはできない。
この会ならではの企画だ。

先ずは、獺祭の中心銘柄の利き比べ。
獺祭の中心銘柄、入り口と言える「純米大吟醸 磨き50」が今年3月末に廃盤となり、後継銘柄の「純米大吟醸 磨き45」に置き換えられた。
スペックは、火入れ、山田錦、アルコール度数:16度、日本酒度:+3.0、酸度:1.5は変わっておらず、変わったのは精米歩合が50から455%減ったのみである。
この5%の差がどの程度なのか利き比べである。

(5)
獺祭 純米大吟醸 磨き50 旭酒造 (山口)
clip_image019

clip_image020

clip_image021

 
立香は仄か、鼻に抜ける吟醸香ではないが、快い香りが漂う。。甘い入り口。酸は透明感あり、辛味もある。含み香は吟醸香、味のバランス良い。後半、軽い渋味が味を締める。


立香は百春のように立ち上がりはしないが、漂う感じが快い。含み香は吟醸香が感じられるが程良いもの。
味のバランスが良く、穏やかで品の良さを感じさせる。
代表銘柄らしい世界だ。


(6)
獺祭 純米大吟醸 磨き45 旭酒造 (山口)
clip_image022

clip_image023

clip_image024

立香は吟醸香だが、何か香ばしさを感じる。入り口は軽く甘い。酸のふくらみは大きい、ふくらみの中に取り込まれる感じがし、スケールの大きさを感じる。中盤の渋味もなく後半の切れ良い。


舌触り丸く、大きな世界。食中酒でも単独でもいける万能選手だ。精米歩合5%の違いは大きい。

50と45の違いは精米歩合5%だけだが、この差は大きいと感じた。
違いはふくらみにある。45は口に含むと大きな透明な世界に入り込むように感じられる大きさがある。

筆者はふくらみのあるお酒が好きだが、この45は好みにピッタリの世界だった。


(7)
明鏡止水 垂氷 純米 山田錦 槽搾り 大澤酒造 (長野)
clip_image025

clip_image026

 
立香はあまり感じない。甘い入り口。含み香は吟醸香のようなエチル香のようなもの。酸はふくらまない。中盤に辛味と渋味の押しが来る。肉に合わせる食中酒だろうか。


山田錦100%なのだが、前半から中盤のふくらみがあまり大きく感じられない。
山田錦の長所が活かしきれていない感じだ。


(8)
明鏡止水 ラビアンローズ 純米 大澤酒造 (長野)
clip_image027

clip_image028

clip_image029

 
立香はあまり感じない。入り口は甘い。酸は滑らかでふくらみがある。含み香はエチル系の軽い香りが鼻に抜ける。


垂氷に比べると、中盤の滑らかさとふくらみあり、後半にかけての渋味もないので、ゆったりとした味わいで飲み易い。
ただ、含み香がエチル系なので好みではない。

La Vie en Rose
と書かれていると、エディット、ピアフを思い出してしまう。
ピアフ作詞のシャンソンの名曲だ。


確かに、この酒をワイングラスに注いで、心の通じる人と語り合えば、この酒の適性が感じられそうだが、酒だけで言えばやはり含み香が気になる。

久しぶりにピアフの歌を聴いてみた。

Edith Piaf - La Vie En Rose

https://youtu.be/BVsIs6URPw8

歌詞は以下のサイトで見ることができる。

「フランス文学と詩の世界」
https://poesie.hix05.com/Chanson/02la-vie.html



(9)
鯨波 純米吟醸 無濾過生原酒 恵那醸造 (岐阜)
clip_image030

clip_image031

仄かな立香。甘い入り口。大きな酸に辛味のパンチがある。中盤、渋味も感じる。後半、辛味系の切れがある。酸のふくらみ、辛味、渋味のもたらす押しがあり、パンチがある。主張のある味わいだ。


無濾過生なので度数以上に活発な世界を持っている。
吟醸酒の世界というより味の豊かな純米酒の世界だ。
メリハリの効いた味わいが好きな人にお薦めだ。


(10)
鯨波 純米吟醸 袋吊り 恵那醸造 (岐阜)
clip_image032

clip_image033

 
立香は、仄かな吟醸香。甘い入り口。酸は大きさは感じないが滑らかさがある。中盤以降辛味があり、押しを感じる。(9)より後半の切れが良い。


(9)
の後に飲むと、ややおとなしく感じるが、中盤の味の押しはあり主張はある。
後半の切れが良いので、単独でも食中酒でも適性がある。



<今日の贅沢・吟醸酒 飲み比べ>
定評のある大吟醸酒4銘柄の贅沢な飲み比べのコーナー。
これも個人では行えない飲み比べだ。

(11)
〆張鶴 吟醸 生貯蔵 宮尾酒造 (新潟)
clip_image034

clip_image035

 
立香はハッキリとした吟醸香というより快く鼻に抜ける香り。甘い入り口。バランスの取れた味わい。酸のふくらみ大きい、味の偏りがなく、穏やかなおおらかさを感じさせる。

アルコール添加の吟醸にしてはふくらみが豊かで、柳腰というより豊満な吟醸酒だ。

ふくらみがあり、味の偏りがなくバランスの良い穏やかさがある味わいは好きな世界だ。


(12)
玉川 大吟醸 無濾過生原酒 木下酒造 (京都)
clip_image036

clip_image037

立香はあまり感じない。甘い入り口。酸のふくらみ大きい。味わいの押し・主張があり、プレゼンスがある。

大吟醸のスッキリとした透明感のある切れの良い世界というより味わい豊かな押しのある純米酒の世界を感じる。

(11)
と同じ醸造用アルコール添加の大吟醸だが、味わいはかなり異なる。
活気のある味わいは生き生きとしていて無濾過生原酒が納得できる味わい。(9)鯨波の世界に近い印象だ。


(13)
正雪 純米大吟醸 天満月(あまみづき) 神沢川酒造(静岡)
clip_image038

clip_image039

 
立香は軽く、甘い。甘い入り口。酸はふくらまず大きくはない。味の展開が早めに終わる。含み香にエチル系の香りを感じるのが静岡の酒らしい。


50%
精米の純米大吟醸だが、中盤のふくらみは大きくはなく、普通のイメージでは、この酒の方が大吟醸に近い世界だ。

個人の嗜好では、味の展開が少し忙しい、もう少しゆったり感が欲しい。
含み香もやや気になるが、静岡の酒なのでやむを得ない。


(14)
蓬莱泉 純米大吟醸生 関谷醸造 (愛知)
clip_image040

clip_image041

clip_image042

立香は吟醸香だが、立ち過ぎず程良く快い。甘い入り口。味のバランス良い、五味が調和している。中盤以降の雑味は全く感じない。含み香はほのかな吟醸香。偏り無くバランスの良い格調のある佇まいで品位を感じる。

将来、空になる酒だが生の世界の方が良いかもと思わせる。

毎年再現性のある味わいで「空」をお客に届ける関谷醸造の力量を感じる。
香りも立ちすぎず、味も偏り無くバランスが良い安定感のある世界で飲み終わった後の納得感がある。

「空」は火入れ・一年熟成のお酒なので、生酒は「空」では無くなるが、なんとなく「空」の生酒と言ってみたい気がする味わいだ。



<熟・醇・を飲む>

(15)
笹一 純米吟醸 無濾過生酒 <20185月> 笹一酒造 (山梨)
clip_image043

clip_image044

立香は吟醸香というより、甘い香り+αの個性的なもの。甘い入り口。シュワッとした発泡感が嘗てあったと思わせる名残を感じる。味は酸味と渋味の押しがある。含み香に吟醸香。中盤以降、五味の複雑な絡み合いがある。

ややこしい世界が好きな人には、興味深い複雑な世界を持っている。



(16)
蓬莱泉 春のことぶれ 純米大吟醸生 <20002月> 関谷醸造 (愛知)
clip_image045

clip_image046

clip_image047

clip_image048

19
年物の生酒の純米大吟醸。なかなかお目にかかれない超熟成酒だ。

立香は老香ではなく、甘さと香ばしさの混合したもの、表現を変えると甘さ+干物の香り。
甘い入り口。含み香は立香と同じ。中盤、酸と辛味の押しがある。後半特に気になる後口、老香は感じない。

生酒の純米大吟醸の19年熟成酒というとイメージは浮かばない、?の世界だ。
こればっかりは、口に入れてみないと判らない。どうなるのかとの疑問は、飲んでみて氷解した。生酒の純米大吟醸の19年熟成酒の世界は在りだった。

酒の中島屋主催のこの宴では、とんでもない酒が登場する。
世の中には普通無いものが登場する事がある。
この酒もそうで、生の酒を19年熟成させる事は普通はしない。
なぜなら、生酒は酒質が変化しやすいために加熱処理をして変化を止めるのが火入れであり、生酒は早く飲むことを前提にした酒だからだ。
それに、人気銘柄である「春のことぶれ」を19年熟成させる必要性は全く無い。

この2つの常識を乗り越えた彼方に、この酒は存在する。




2019-05-08 (Wed)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2 料理)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その2 料理)

手酌割烹 てら田の料理は、手間を惜しまず作られており、一品一品発見や驚きを感じさせるので、次が待ち遠しく感じられる。 (1) 前菜4種盛り 上: 稚鮎の南蛮酢 左: 牛乳の豆腐 中: さくらんぼ風甘味 右: 若鶏のつくね ・稚鮎の南蛮酢 魚の南蛮酢は、鯵や黍魚子のイメージがあるので、中骨はあるが揚げてあるので骨まで食べられると言うイ...

… 続きを読む


手酌割烹 てら田の料理は、手間を惜しまず作られており、一品一品発見や驚きを感じさせるので、次が待ち遠しく感じられる。


(1)
前菜4種盛り
clip_image002
上: 稚鮎の南蛮酢
左: 牛乳の豆腐
中: さくらんぼ風甘味
右: 若鶏のつくね

・稚鮎の南蛮酢
clip_image004
魚の南蛮酢は、鯵や黍魚子のイメージがあるので、中骨はあるが揚げてあるので骨まで食べられると言うイメージが一般的だ。
その積りで口に入れたら驚かされた。鮎がトロリとして口の中で蕩ける感じ、骨の食感がまったくない。
揚げたものを、長くすに漬けてもこの触感にはならないと思う。
鮎の姿が型くずれしていないので、揚げたものを時間をかけて煮たものではないだろう。
考えられるのは、稚鮎を煮て骨まで柔らかくなったものを揚げれば、この食感になるかも知れない。
不思議さが味わいを豊かにする。

玉ねぎのシャリシャリとした食感。
柔らかい酢。
茗荷の香りと食感。



・牛乳の豆腐
clip_image006
乗っているのは百合根だろうか。
ソースの説明を女性がしていたが、遠くて聞き取れなかった。

豆腐は、口の中に入れるとミルクの香りが漂う。
後で訊いてみると、チーズが隠し味になっているそうだ。



・さくらんぼ風甘味
clip_image008
見たところはさくらんぼだが、口に入れるとネットリとした食感が滑らかに口に広がる。味は仄かに甘く、残り香にミルクの香りが漂う。



・若鶏のつくね
clip_image010
口に入れるとホロリとした食感。
柔らかい筍の食感と若鶏の肉の取り合わせの食感が面白い。
甘く軽い切れの良いタレが後口も軽快にしている。



(2)
蟹身と蟹味噌の茶碗蒸し
clip_image011


clip_image013
蓋を開けると上には蟹味噌のスープが浮かんでいる。
昨年は、蓋を開けるとシャーベット状のものが上に乗っていた、蟹の味噌スープを凍らせたものだった。下は普通に茶碗蒸しだった、冷たい上と温かい下の対比が面白かった。

今年は、利き酒と前菜の記録に忙しく、蓋を開けるのが遅くなったので、溶けてしまったのかも知れない。

茶碗蒸しは三層構造になっている。
一番上は、濃厚な蟹味噌のスープ(甲羅酒かも知れない)、で濃厚な味わい。
その下は、茶碗蒸しの玉子の滑らかな舌触り。
一番下は、蟹の身が敷かれている。

蟹味噌、玉子、蟹の身のそれぞれの層の味を楽しみながら、下に下がっていくと、蟹味噌と玉子と蟹の身が次第に混じり合い一体となって、味もカクテル状態になる。

茶碗蒸しの中の階層が味の階層を作り、階層が進み混じり合うに連れて、味も混じり合っていく面白い仕組みになってる。



3) 造里
clip_image015
見た処、彩り野菜のサラダだが、よく見ると中心部は刺し身のサイコロになっている。
サラダではなく造里なのだろう。

clip_image017
エンドウは甘くサクサクしている。
赤カブは甘く軽い味わい。

clip_image019

clip_image021

clip_image023
刺し身は
サーモン トロリとした食感、後味にサーモンの香り。
マグロ サッパリとして、軽い味
白身 鯛だろうか



(4)
白エビのかき揚げ
clip_image025

clip_image027
揚げ物は出来立てが勝負、酒は後にする。
顔を近づけると、香ばしい海老の香りが立っている。
海老を口の中に入れる。表面はカリッとした食感、噛んでいると海老の香ばしさが口の中に広がる、次に海老の身の甘味を感じる、最後に香ばしい皮の旨味と海老の甘味と旨味が一体化する。

食べ進むに連れて味が段階的に変化するのが面白い。


(5)
鰆の焼き物と青海苔の吸い物伽羅蕗寄せ
clip_image029

clip_image031
伽羅蕗はカリカリ、シャキシャキの食感でピリリとした辛味が鼻に抜ける。
鰆はサクリとした食感で魚の生臭さは感じない、香ばしさと鰆の濃い旨味を感じる。
青海苔の吸い物は、海苔の香りが立ち、海苔の生の旨みがある。


(6)
じゃがいもと豚の三枚肉 筍添え
clip_image033

clip_image035
じゃがいもの台の上に豚の三枚肉が乗りソースが掛けられている。
三枚肉は煮てあるが、脂と肉の食感がそれぞれ感じられる、ラフテーのような食感だ。トロリとした脂の舌触りと肉の味わい。
じゃがいもはほっこりとした食感とじゃがいもの風味。

筍の煮物と削り節は、筍は甘くシャキシャキとした食感の後、甘さと出汁の旨味。



7) 赤酢のお寿司と浅利味噌汁
clip_image037

clip_image039
酢飯が赤酢で作られている、マグロ、白身、蟹の三種。

clip_image041
浅蜊の味噌汁。
スッキリとして切れの良い出汁が浅蜊の旨味を引き出している。



(8)
甘味 杏仁豆腐 枸杞の実添え

clip_image043

clip_image045
甘い入り口。トロリとしてふんわりとした舌触りの後、杏仁の甘い風味が口に広がる。



clip_image047
最後の日本茶。
良い酒と美味しい料理を味わい続けた口と舌をサッパリと洗い、リセットしてくれる。

日本人は矢張り日本茶だ。





2019-05-08 (Wed)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3 感想)

2019/05/08 第347回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い (その3 感想)

最後に、まとめとして感想を書いて置きたい。 347回の驚異的な歴史を誇るこの宴「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」は毎回内容が充実している。 その中でも、今日は手応えのあった宴だった。 お酒も自分の嗜好にあったものがあり、人気店の「手酌割烹てら田」の料理も美味しく、人気店と言われる理由が判った。 ただ、内容が充実していたこの宴は、記事を書くのが大変だった。  記事は出品酒と料理に分けて書いて...

… 続きを読む


最後に、まとめとして感想を書いて置きたい。

347
回の驚異的な歴史を誇るこの宴「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」は毎回内容が充実している。

その中でも、今日は手応えのあった宴だった。
お酒も自分の嗜好にあったものがあり、人気店の「手酌割烹てら田」の料理も美味しく、人気店と言われる理由が判った。

ただ、内容が充実していたこの宴は、記事を書くのが大変だった。
 記事は出品酒と料理に分けて書いているが、実際はお酒と料理は同時並行的に登場する。
 作り置きの料理なら、後でまとめることも可能だが、てら田の料理は、コースになっており、温かいものは冷めない内に、冷たいものはだれない内に食べる必要がある。
 お酒を利き・料理をいただく、これだけでも忙しいが、記録を取り写真を撮る事が加わる、内容が無ければ記録も簡単に済ませられるが、今日はそうは行かない。

お酒、料理、記録の間を駆け回って、嬉しい悲鳴をあげた宴だった。


【お酒】
今日の出品酒16銘柄は、これは一寸と感じたものはなく、すべて良かったが、特に印象に残ったものは、次の4銘柄だ。

・獺祭 純米大吟醸 磨き45
 今年の4月から登場した代表銘柄の改訂版だが、磨き50とスペック上の違いは精米歩合が5%良くなっただけだが、利き比べた印象では%以上の良さが感じられた。
ふくらみがあり大きな世界はゆったりとした余韻を感じさせた。

この品質のお酒が、1.8L価格3,000(消費税込:3,240)であることを考えると驚かざるを得ない。


・〆張鶴 吟醸 生貯蔵
 この酒も味の偏りがなくバランスが良く、ふくらみがある大きな世界を感じさせる。獺祭45の方が吟醸香を感じさせるが、余韻のある快い香りがあり、よく似た世界と思った。

この酒も、1.8L価格2,960円(税込 3,197円)であり、獺祭同様コストパーフォーマンスが良い。


・蓬莱泉 純米大吟醸生
 人気の入手困難酒「空」の生酒とも言えるこの酒は、再現性のある造りを理念としている関谷醸造の力量を感じさせた。
 品位があり余韻が残る飲み口は、純米大吟醸の上級酒の世界を教えてくれる。


・蓬莱泉 春のことぶれ 純米大吟醸生 <20002月>
 今日最も刺激的であったと言えるのがこの酒。他の場所では飲めない酒だ。
 印象に書いた通り、生酒を19年間熟成させるというある意味暴挙の結果がこの酒を生んだのだが、口に含むと疑念は飛び去った。

 嫌な老香は無く、味もヘタレ感はなく酸の押しと辛味も感じさせ、生酒19年の熟成の味香をプレゼンスしていた。
 尤も、造りが良いからの結果であって、生酒19年熟成が常にこの味香になる保証は全く無い。


【料理】

てら田の料理の魅力を作り出しているものを、今日2つ感じた。

一つは、階層化。
もう一つは、時系列、時系列が事務的な表現で相応しく無ければ時の流れと言っても良い。

階層化は、蟹の茶碗蒸し。
見たところは判らないが、茶碗蒸しの中が階層化されている。
 一番上は蟹味噌のスープ、中が玉子の茶碗蒸し、下が蟹の身になっていて、食べ進んでいくと味が変わっていく。
 1個で3回楽しめる趣向だ。

これを、掻き回して食べる人もいるかも知れないが、それはてら田の趣向には合わないだろう。


時系列もしくは時の流れは、白エビの唐揚げ。
印象に書いた通り、
・最初は揚げたての白エビから立ち上がる香ばしい香り、
・口の中に入れるとカリッとした(パリッとした)皮の食感
・噛み始めると、海老の香ばしさが口の中に広がる
・次に海老の身の甘味を感じる
・最後には、香ばしい皮の旨味と海老の甘味と旨味が一体化し、大団円になる。

食べ進むに連れて、時の流れに従って香りと味が変って行って最後には一体化して味香の大合唱になるところ面白い。

料理は勿論香りと味と食感、舌触りだが、食べる人を驚かせ、楽しませる工夫・趣向も料理の醍醐味だ。
 てら田の人気は、その辺りにあるのではないかと感じた。

その後知ったことだが、てら田はミシュランにも掲載されたそうだ。


人気店てら田でのこの会の宴はおそらく年に1回だろう。
来年の企画が今から待ち遠しい。




2018-05-16 (Wed)

2018/05/16 第335回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い at てら田 (その1)

2018/05/16 第335回 季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い at てら田 (その1)

酒の中島屋主催の「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」に参加した。 30年近い歴史を持つ全国でも珍しい日本酒の会である。 日本酒の利き酒に加えて、今日のポイントは宴の場が「てら田」であることだ。 てら田は、なかなか予約も難しいほどの人気店だそうで、料理は料理割烹レベルのものが提供される。 中島屋店主のシナリオに沿った銘酒たちを利きながら、評判の料理を頂くこと...

… 続きを読む


酒の中島屋主催の「季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い」に参加した。
30年近い歴史を持つ全国でも珍しい日本酒の会である。

日本酒の利き酒に加えて、今日のポイントは宴の場が「てら田」であることだ。
てら田は、なかなか予約も難しいほどの人気店だそうで、料理は料理割烹レベルのものが提供される。
中島屋店主のシナリオに沿った銘酒たちを利きながら、評判の料理を頂くことは至高の宴と言える。

今日初めて参加できることになったので心弾ませて岐阜へ向かった。

宴は午後8時開始なので、岐阜に着く頃にはもう日が暮れて、夜になっていた。

clip_image001
岐阜駅に着いたら、先ずは信長公へ参上し、御意を得る。
太陽が沈んだ後の闇の中でも信長公は金色の光を放っておられる。


てら田は、交通至便である。
本当に駅から5分以内にある。
駅前の道路を渡れば、もう其処に店がある。

clip_image002
店の前の看板行灯には、手酌割烹と書かれている。
酒を飲むには手酌に限る、それに合わせて割烹料理だから言い得て妙である。

初めての訪問なので店の様子は分からない。
扉を開けて入るともう多くの参加者が着席していた。
入り口右側にはカウンター席が置くまで有り。その右側が厨房になっている。一番奥には小上がりのスペースが有るようだ。

会費を払い、受付を済ませ利き酒メモを受け取り、指定された席に着座する。


clip_image004
カウンター席の奥から、入り口方向を見た写真である。



clip_image006
カウンターには、お猪口が3個用意されていた。
利き比べができるので有り難い。



【今日の出品酒】

中島屋店主が設定したコーナーは5つに分かれている。
一つのテーマではなく、色々な酒を多角的に利くことができるシナリオになっている。

<乾杯>
<夏のお酒>
<純米酒 飲み比べ>
<今日の贅沢 吟醸酒 飲み比べ>
<熟・醇・を飲む>



<乾杯>
中島屋店主の開会挨拶と音頭で今宵の宴に感謝して、全員で乾杯。
乾杯酒は鯨波。鯨波を造る恵那醸造は、平成29酒造年度全国新酒鑑評会に於いて金賞を受賞したばかりの蔵である。
(以下、利いた印象を記載するが、個人的な嗜好によるもので客観性はないことを、予めお断りする。)

(1)
鯨波 純米吟醸 袋吊り 生 恵那醸造(岐阜)
clip_image007

clip_image008
 
立香は程良い吟香。甘い入り口。酸はふくらまず、スピード速い。辛味が追う。中盤、強くはないが辛・苦の押しがある。含み香も甘い。後口はピリ辛系。全体としては辛味が柱になっている世界。


次のコーナーの夏のお酒に入れても良い味わいだ。



<夏のお酒>
次のコーナーは、季節柄夏のお酒、6酒。

 (2)
芳水 暑氣拂 土用酒 吟醸生貯蔵 芳水酒造(徳島)
clip_image009

clip_image010

clip_image011
 
芳水酒造の利き比べ2酒の1番目は、アルコール添加の吟醸酒。

立香は強くはない、軽く鼻に抜ける香り。甘い入り口、スッキリとした酸だが、丸く滑らかさを感じる。後半も苦・渋は浮かず切れが良い。

度数が13度~14度と軽目に造られている。
夏の軽やかさを狙った設計だろう。


(3)
芳水 淡遠 純米吟醸生貯蔵 芳水酒造(徳島)
clip_image012

clip_image013
芳水酒造の2番目は、純米吟醸だ。


立香はあまり感じない、吟醸香ではないエチル系の香りが仄か。スッキリとした入り口で味のバランスが取れている、甘さは抑えられている。酸のふくらみは大きくはないが丸く滑らか。苦渋は浮かず、後半の切れが良い。
土用酒と同様、四国の酒らしくスッキリとした味わいだで後半の切れが良いが、中盤の丸み滑らかさもある。

この酒も度数が13度~14度と軽目に造られている。
吟醸酒と同様夏向けに軽ろやかに切れる飲みやすさを狙った設計だろう。

芳水2酒の利き比べでは、含み香の点で筆者の好みに近いと感じた。


(4)
玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒 木下酒造(京都)
clip_image014

clip_image015

clip_image016
夏の酒3酒目は、人気の玉川のアイスブレーカー。


 
甘い立香。甘い入り口。トロリとした舌触りがあり滑らか。酸はふくらみはなく、スピードが速く、辛味が押す。含み香が甘い。中盤、中心部に辛味と苦味の芯を感じる。後半の切れが良い、背景に辛味が持続している。

無濾過生原酒で度数1718と高く、辛味の押しのあるパンチのある味わい。
木下酒造も「とにかくロックで旨い。氷の溶け具合にしたがって温度とアルコール度数がエンドレスに変化し、それにともなう味の変化の楽しさもエンドレス。
Ice Breaker”は英語で「場や雰囲気を和らげるもの」の意味。」と説明しているので、辛味のパンチも割り負けしないための味わいと言える。


(5)
一念不動 特別純米 夏生 関谷醸造(愛知)
clip_image017

clip_image018

clip_image019
 
立香はあまり感じない。甘い入り口でスッキリとしている。酸のふくらみあり。味の分離はなくバランスが良い。トロリとした舌触り。中盤以降も味のバランス良く、偏らない。穏やかでスッキリとした世界。ややおとなしいと感じるのは、アイスブレーカーの後だからかもしれない。


この酒も度数が14度と抑えてあるので、切れの良い夏向きの味わいをイメージした造りだ。
個人の好みにも近く、いい感じだった。


(6)
初緑 純米吟醸 夏純吟 奥飛騨酒造(岐阜)
clip_image020

clip_image021
 
立香は甘い。甘い入り口。トロリとした舌触り。酸は滑らかで丸い。中盤辛味を感じるがふくらみは持続する。後半の癖はなく、切れが良い。


初緑の奥飛騨酒造も平成29酒造年度全国新酒鑑評会の金賞受賞蔵で、社名変更後も酒質が飛躍している蔵だ。


(7)
白岳仙 純米吟醸 涼純辛口 安本酒造(福井)
clip_image022

clip_image023

clip_image024
 
立香はあまり感じない。甘い入り口の後、滑らかな舌触り。酸はすぐ終わり、辛味が押してくる、中心に集まり辛味の芯がある。辛味の主張があり味わいの柱が辛味になっている。辛口と辛い酒とは違うが、これは辛い酒で固い世界だ。

従来の、甘く透明な白岳仙の味わいとは違う世界だ。

この酒は、アイスブレーカーと同じ様にロックでも割り負けしない味わいを狙ったものだろう。



<純米酒 飲み比べ>

 (8)
明鏡止水 垂氷 純米 山田錦 槽搾り 大澤酒造(長野)
clip_image025

clip_image026

clip_image027
甘い入り口。酸はふくらまない。口当たりは滑らか。ふくらみとか広がりは大きくなく、味の主張も強くないので、小さく纏まっている印象で世界が小さい。



(9)
美丈夫 弥太郎 純米吟醸 濱川商店(高知)
clip_image028

clip_image029

clip_image030
立香はあまり感じない。甘い入り口。トロリとした舌触り。酸は広がりあり含み香は甘さを感じさせる。中盤辛味があり、後半にかけての切れが良い。

ふくらみ広がりがあり、大きさも感じられ味のバランスも癖がなく良い。

初めて飲んだ弥太郎だが、良かった。
四国の酒らしく、辛口でスッキリとした味わいで飲み飽きしない。

この酒は、地産にこだわった酒だそうで、酒米は高知県独自の酒造好適米「吟の夢」と高知県の開発酵母「CEL酵母」を使用している。

吟の夢は平成10年に誕生した高知県開発第一号の酒造好適米で、山田錦を母としており、山田錦の特性を受け継いでいるそうだ。
山田錦が好きな好きな筆者には、相性が良いのだろう。