未分類 - 菜花亭日乗

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Category - 未分類
2024-04-01 (Mon)

2024/04/01 日記  四月

2024/04/01 日記  四月

2024/4/1(月)    旧暦:   2月23日         祝日・節気・雑節・朔望:  エイプリールフール        日出:   5時27分    日没:   18時02分       月出:   0時03分         月没:  ...

… 続きを読む

2024/4/1()    旧暦:   223         祝日・節気・雑節・朔望:  エイプリールフール        日出:   527    日没:   1802       月出:   003         月没:   918         月齢:   21.75    潮汐::     小潮     干支:   乙未     六曜:   赤口


今日のあれこれ: 四月

《 【愛子さま】「身の引き締まる思い」日本赤十字社に入社 》

https://youtu.be/czSKKo_GZEc?feature=shared



『四月(しがつ/しぐわつ)   晩春

【子季語】 
四月来る

【解説】 
草木に花が咲き、鳥が囀る季節。入学、入社という社会の新しい出発の時でもある。
自然も人も活気に満ちて来る頃である。』
(季語と歳時記)



四月の俳句:


・四月一日金色堂に詣でけり   今井杏太郎


・愛やさし空に四月のアドバルン   鈴木真砂女


・花屋みな軒をはみ出す四月かな  吉成美代子


・遠近に声の溢れる四月かな  青野安佐子


・机辺四月こころなぐさむ花一壷   石原舟月


・空に鳴る四月の風の行方かな  中村嵐楓子




今日から四月。
昨日までとは違った日々が始まる!!
その様な日だった。

年が明けて、、
すぐ能登の地震があった。
どんな年になるのか分からなくなった。
その後も、冷たい風が吹き、
雨が終わるともなく、降り続いた。
何かおかしな天気が続いてきた。

今日は、陽射しが春らしさを感じさせた。
しかし、風は強く吹き付けた。

たが、うららかな春は、もう其処まで来ていると
感じることが出来た日だった。


折しも今日から
愛子さまは、日本赤十字に入社された。
人として、大きく 広く 高く、深く そして品位を感じさせる。
愛子さまが、国民の心の拠り所となる事が、
はっきりとした日になった。